就活時期が後ろ倒し。大学2年、16卒のボクが考える就活の始め方

今年大学2年生(16卒)の代から就活が3年の3月からになりますね。

あっという間に後ろ倒しが決まったのは安倍晋三内閣になってからです。政府が就活スケジュールを決めている(ことになっている)経団連に強く要請し、後ろ倒しが決まりました。大きなポイントは就活の開始時期。現行の「大学3年12月広報開始・4年4月選考開始」から「3年3月広報開始・4年8月選考開始」に変わります。

「大学新卒の就活時期後ろ倒し、学生と企業への影響は?学業阻害、採用実数減の懸念も」(ビジネスジャーナルより)

就活が後ろ倒しになることで、
・理系の院生の研究時期とかぶってしまうからかわいそうだ
・教職、公務員の志望者が激減する

など悪い影響等が挙げられています。

ですがおそらく実行されてしまうので、憂慮するだけでは何も意味がありません
そこで、大学2年生(16卒)のボクが、16卒なりの就活の始め方を考えてみました。

1年タームで真の力磨きをしてみる。

これまでは就活までの時間は1年生の4月から考えても2年と9ヶ月くらい。
3年の時間は9ヶ月しかありません。

16卒はそんなことを気にせず、
1年間インターン、1年間プログラミングの勉強、3年から1年間海外に行ってみる、
など1年タームで使える時間が3回もあります。

特に3年から海外に行こうと思っていた学生も就活のために休学をする必要がなく、
もし1年間休学したとしても次の年は普通に就活できます、ラッキーです。

公務員の資格は保険ではなくもはやリスク。

公務員の試験と就活の時期がかぶることで、今まで以上に両立が困難になります。

教職は保険、くらいに思ってる学生は
保険だと思ってとっていたのに、全く両立ができなくて両方ボロボロ
なんて最悪のケースも考えられます。

教育実習までは行ってみる、選択はその後に、などではなく、
1~2年生の間に腹を決めて、教職をとるか選択をすることがむしろ安全な選択だと思います。

時期が遅くなったからこそ、早い準備を始める。

時期が遅くなったということは、内定時期も遅くなるから、
就活までは遊んでいても変わらない、と思ってる学生は大間違いです。

開始時期は遅くなるけど、内定時期は今までと変わりません。
つまり、就活始まって焦る、焦って悟って、粘って、なんとか内定。なんてやってる余裕がないのです。

15卒までの就活期間:3年12月〜4年10月(10ヶ月)
→16卒からの就活期間:3年3月〜4年10月(7ヶ月)!

また、16卒は先輩の就活談はあまり役に立たないかもしれません。

話聞いてたら、どんどん内定が後にずれ込み、残り半年のモラトリアムはどんどん消えます。
大学4年で遊ぶために頑張って取った単位も水の泡です。

そんなもったいないことしたくないなら尚更早めの準備を始めたほうがいいとは思いませんか?

ボクは1年の時には教職をとっていましたが、将来を考えた結果、教職をやめました。

そのおかげで空いた時間をインターンやブログ、ウェブマーケティングなど、自分のやりたいことに当てています。

早い段階での決断をしたことで、就活までに2年という長いタームを自分の成長に当てることができます。

16卒以降のみなさん、せっかく出来た長い期間を利用して、
新しいことに挑戦したり、自分がやりたいことに集中してはいかがですか?

ABOUTこの記事をかいた人

OSAWA

ウェブ好き。マーケティング好きのオオサワと申します。現在いけちゃんの元で修行中。他にはSTUDY FOR TWOでもブログ書いたり、ECシステムの会社でインターンなどやっております。大学2年の視点で、就活について書いていきます。