採用ルールが7月にも改定。就活繰り下げへ。でも、就活時期は長くなる。

会社説明会などの解禁時期を大学3年生の3月(現行3年生の12月)、選考開始を4年生の8月(同4年生の4月)に変更する。就職活動の解禁時期をめぐり、安倍晋三首相が4月、経団連など経済3団体トップに繰り下げを要請。財界各首脳もこれを受け入れていた。
 経団連は近く雇用委員会を開き、加盟企業の人事担当者レベルでの具体的議論に入る。改定ルールは要請を踏まえ、2016年卒(現在大学2年生)の就職活動から適用する方向だ。「学生への早めの周知が望ましい」(関係者)として、7月上旬の会長・副会長会議での正式改定を目指す。
「採用ルール、7月にも改定=就活繰り下げで―経団連」(Yahooニュース)

就活繰り下げが正式に決まりそうですね。
ですが、果たして就活時期が本当に大学3年の3月からになるでしょうか。

もちろん、そんなことはありません。

ベンチャーや外資では今までと同じ採用活動を行うことは大いにありますし、
サマーインターンも通常通り大学3年の夏に行われ、内定にも少なからず影響を与えます。

その証拠に、2015卒(現3年生)向けの就職活動は既に始まっています。

広告・Web・マスコミ業界を目指す学生のための就職応援サイト「マスナビ2015」
2015卒逆求人フェスティバル開催情報
日経就職Navi 06/01(土)OPEN!!
就職活動2015・2016 twitter

もちろん、選考自体が大学4年の8月から行われる企業もありますが、
就活開始の時期は今までと変わらない企業もあるため、2年間に及ぶ就職活動になりかねません。

この採用ルールが適応される2016卒(現2年生)はどうするのがいいと思いますか?

まずは、就職するための手段は一般的な就職活動だけではないことを知ってください。

インターンからの採用も多くあります。コネ採用だってあります。
知人からの紹介ですんなり決まることもありますし、すでに内定を持っている2年生もいるでしょう。

就職活動の手段は多様化しています。

別に2年間、就職活動をする必要なんて全くありません。
一般的なルールや周りに合わせる必要はなく、自分で就職活動のルールを決めましょう。

採用ルールが改定されたことは、就職活動の選択肢が増えたと思えばいいです。

周りに合わせたり、社会のレールに乗って行動していた学生は少し大変かもしれません。
ですが、これからの就職活動や人生において、全員にとって正しいレールなどありません。

ぜひ自分が正しいと思える就職活動を見つけ出してみてください。