賞金総額30万円!!学生限定の百発一中アイデアコンクール~数打ちゃ当たる!?~

contents

株式会社コンテンツのインターン生がプロデュースする、
「学生限定の百発一中アイデアコンクール」を開催します。

「アイデアは質より量」をテーマに学生の皆様から、
web、スマホを用いた新しいサービス・アプリのアイデアを募集します。

まだ世に出ていない、ご自身のオリジナルであり国内外で自作未発表のものであれば、
何度でも応募可能なので、思いついたら即応募!思いついたままにどんどん放出してください。
採用アイデアは株式会社コンテンツにて開発の援助を受けられます。

応募の段階では、些細なアイデアでも構いません!
「たくさん思いついたはいいけど、いまいち押しの一手に欠けるかも・・・」
そんなポッと思いついたアイデアに「これは大物の予感…!」と思わせてください。

グランプリをはじめ各賞アイデアの中から認定されたものについては、
株式会社コンテンツとの共同開発の機会を得ることができます。

普段の自分の手の届くセカイだけで終わらすことなく、
様々な場面・人と関わりあって、そのアイデアを磨きあげましょう。

革命的アイデアの原石をお待ちしています。

アイデアコンクール概要

■選考フロー
応募申込み → 書類審査 → 選考通知 → FINAL&授賞式

■日程
申込み開始:2013年11月1日(金)
申込み締め切り:2013年12月23日(月)23:59
書類審査結果発表:2013年12月25日(水)夜予定
FINAL&授賞式:2014年1月11日(土)

開発期間:2014年2月~3月末 予定

■応募形式
【タイトル】【アイデア概要(150字以上)】のみ必須条件となります。
最終選考へ進まれた方は、2014年1月11日(土)のFINALにてプレゼンテーションを行っていただきます。
その際に必要な資料等をご用意ください。

プレゼンテーション資料につきましては、パワーポイント、Keynote、
ボード、動画、立体物、パフォーマンス等、形式は問いません。
会場には、スクリーン、プロジェクター、パソコンはこちらでご用意いたします。
(パソコンの持ち込みもOKです)
そのほか詳細につきましては、選考を通過された方に別途ご案内いたします。

■表彰
グランプリをはじめ各賞を受賞すると賞金が授与されます。
また、受賞されたアイデアの中から審査員・運営側でこのアイデアは育てていきたい!
と認定されたものにつきましては、
株式会社コンテンツが学生本人達にアイデアをカタチにしてもらうための、
企画のブラシュアップと開発環境をサービスインまでサポートします。

株式会社コンテンツとアルバイト契約を結び、
弊社が用意した環境にて開発を進めていただきますので、期間中は時給1,000円(仮)が支給されます。

【表彰内容】
・グランプリ1点:賞金10万円
・準グランプリ1点:賞金5万円
・おもしろ賞1点:賞金3万円
・九死に一賞1点:賞金3万円
・もっと練りま賞1点:賞金3万円
・多賞1点:賞金3万円
・熱中賞1点:賞金3万円

■募集内容
いままでにない、スマホやwebを駆使したサービスやアプリケーションのアイデア、
ゲーム、SNS、アート、その他サービスなどジャンルは問いません。
(応募内容について、こちらからフィードバックを与える可能性があります。)

■参加方法
本コンテストFacebookページより簡単に応募可能
https://www.facebook.com/100.1chu

■参加条件
大学生(院生)、1名もしくはチーム(人数は問いません)
※チームの場合は、必ず代表者を決めてください。

▽審査員
甲斐 祐樹(フリーランスライター)
徳永 徹郎(国内大手企業研究員)
藤崎 実(クリエイティブディレクター)
上吉原啓次(アカウントエグゼクティブ)
山口 真裕(株式会社コンテンツ取締役)

審査員プロフィール

甲斐 祐樹(かい ゆうき)
フリーランスライター。
大手電機メーカーにてシステム営業に従事したのち、株式会社インプレスで、
Webニュース記者としてブロードバンドやオンラインサービス、ソーシャルメディアを中心に取材する。
2009年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に転職し、
ソーシャルメディアマーケティング関連業務を担当。
2012年に同社を退職後はフリーランスとして活動するかたわら、
ネット接続型家電の企画・開発を行う株式会社Cerevoに参画。
広報・マーケティング活動全般などを担当する。『スマホ&タブレット”二刀流”仕事術。』より
ブログ「カイ士伝」:http://bloggingfrom.tv/wp/
—————————-
徳永徹郎(とくなが てつろう)
2004年大手企業研究所に入社、入社1年目のアイデアの研究開発を進め、商品化。
2008年、インターネットサービスのグループ会社へ転籍。
研究所の先端技術を使った実験サービスのプロデュース、
慶應大学SFCをはじめとした複数の大学との共同研究プロジェクトの推進、
エスノグラフィーによる新サービス提案など、新ビジネスを開拓する業務に従事。
2012年グループ会社研究所へ転籍。現在、研究技術をもとにしたシステム開発に従事。
2003年IPA未踏ユース共同開発者。情報処理学会会員。
—————————-
藤崎 実(ふじさき みのる)
国内大手広告会社および外資系広告会社を経て、アジャイルメディア・ネットワーク勤務。
クリエイティブディレクター。AMN コミュニケーションラボ主宰。
日本広告学会クリエーティブ委員、WOM マーケティング協議会理事、TCC会員。
青山学院大学や学習院大学で非常勤講師をつとめる。
カンヌライオンズ、OneShow、クリオ賞、NYフェスティバル、クリエイターオブザイヤー、
Webクリエーション・アウォード、東京インタラクティフブアドアワードなど受賞多数。
—————————-
上吉原 啓次(かみよしはら けいじ)
OOH広告代理店、スマートフォンアプリのグローバル企業を経て、
現在、アジャイルメディア・ネットワーク勤務。
アカウントエグゼクティブとして、ソーシャルメディア活用支援、
ソーシャルメディアをベースとしたマーケティングコミュニケーションの企画立案に従事。
Webプロモーションの最前線で、問題解決型のコミュニケーションに日々取り組んでいる。
教育学部出身、小中高の教員免許あり。書道3段。
大学時代には、柔道で全日本大学体重別団体で16位の経歴を持つ。
—————————-
山口真裕(やまぐちまさひろ)
株式会社プロテラス子会社の株式会社コンテンツ取締役。
WEBディレクターとして大手企業プロモーション・ブランドサイトの
企画・ディレクションを多数担当。東京インタラクティブ・アド・アワード銀賞、
消費者のためになった広告コンクールWEB部門最高賞、SpikesAsia、
NewYork DesignFestivalでGOLDなど、国内・海外で多数の受賞歴を持つ。
2012年から、沢山の人に楽しさを提供することを目的にアプリ開発事業を立ち上げる。
—————————-

主催:株式会社コンテンツ