2016卒で就職活動を不安に思っている学生へ。今から知っておくべき就職活動の変化

fdc405d543e3a39c27ace78a67deb4ba_s

2016年卒業(現2年生)の大学生から、就職活動の時期が大きく変わります。
従来と異なり、企業の採用活動は12月から3月に解禁時期がずれ込みます。
それに伴って日系の大手企業だけでなく、中小企業でも大きな変化が起こります。

気付いた時には遅かったとならないように、
今から就職活動の変化についてしっかりと把握をするようにしましょう。

2015卒⇒2016卒で就職活動はどのように変わる?

就職活動_2016

就職活動の解禁時期が変わる事は、学生、企業、双方にとって、
大きく状況が変化する事になります。

解禁されてみない事には分からない事も多いとは思いますが、
今から予想されるリスクについては早いうちから把握し、
その対処法を考えておくようにしましょう。

企業の選考が今まで以上に厳しくなる

12月から3月に就職活動の解禁時期がずれ込んだ事で、
企業が学生の採用にかけられる時間はかなり短くなります。

そのため企業によっては、採用する学生の数を減らして対応するとの声もあり、
採用の倍率がこれまで以上に高くなる企業が多くでてきます。

今の時点ではまだやりたい事が無かったとしても問題ありませんが、
就職活動が始まった時点で、志望業界を探したりしていては、
周りの学生に遅れをとる可能性がでてきます。

早いうちから自分が就きたい仕事について、
選択肢の幅を広げておいた方がよさそうです。

採用ルートが多様化する

人材の見極めには手間と時間がかかります。
就職活動の解禁が遅くなった事で、学生の見極めの期間は短くなります。

そこで企業は少しでも優秀な学生の囲い込みを行なうために、
アルバイト、インターンシップ、リクルート面談など、
表向きには非公式な手段で採用活動を前倒しして学生の見極めを行ないます。

正式な採用活動自体は3月からになりますが、
実際には前倒しをして各々の企業が採用活動を行なう事が予想されます。
採用は3月から始まると考えず、できる限り早い内から情報収集を行ない、
企業と接触できる機会を増やしていきましょう。

中小企業の採用時期が大きく変化する

中小企業は学生の動きに合わせて採用活動を行ないます。
就職活動の解禁が遅くなった事で、中小企業では
今まで以上に採用にかけられる時間が短くなりました。

そのため、大手企業と中小企業の採用期間が被り、
併願や滑り止めとして中小企業を受ける事ができなくなります。
場合によっては大手に落ちて、受ける企業が一つも無いという可能性も十分にあり得ます。

就職活動失敗のリスクをできる限り避けるためにも、
早期から多くの選択肢を持つようにしておきましょう。

就活が心配な学生へ。今からできる準備をしておこう

おそらく就職活動の解禁時期が変わった事で、
自分の将来を心配する学生は従来よりも増えると思います。

もし自分の将来が不安なのであれば、
少しでも就職活動を有利に進める準備をしておきましょう。

具体的に今からやっておくと良い事としては、

■ インターンへの参加
■ ナビサイトへの登録
■ 志望業界を探しておく

これらの事は今の内から取り組んでおくと就職活動で非常に有利になります。
特にインターンは企業が採用を行なう上で、非常に重要な基準にもなります。
短期、長期に関わらず、インターンの情報は多く収集し、
積極的に参加してみるようにしましょう。

また就職活動は情報戦にもなりますので、今の内からナビサイトに登録したり、
業界についてネットや図書館で早いうちから下調べを始めておきましょう。

また、最近人気が出ている、就活を有利に進めたい学生におすすめのサービスです。
興味ある学生はぜひチェックしてみてくださいね。