2016卒の学生必見!今から絶対に押さえておくべき就活のポイント

468950689

2016卒の学生の就職活動から就活時期が後ろ倒しになりますね。
それは同時に、企業が採用活動にかけられる時間も短くなるということで、例年以上に有名企業の競争率が上がることが予想されます。
2016卒の学生は今の時期から不安に思っている学生もいるでしょう。
ただし、やることは同じなので、あまり心配しすぎず自分が今できることに注力したほうが良いです。

今回は就活前に知っておくと役に立つポイントをまとめていますので、不安を払拭する材料にしてみてください。
「就活なんてまだ先の話」と考えている大学1、2年生も参考になることは多いと思います。

自己分析を習慣化させる

「自己分析」は就活用語のように聞こえるかもしれませんが、就活に関係なく、生きていく上でとても大切なことです。
今の自分がどんな価値観で生きているのか、何を好んでいるのかなど、普段意識していない自分のことを考える時間は貴重な時間です。
自己分析を習慣化することは、社会人になってからも役に立ちます。

現時点の自分のことだけでなく、過去の経験からわかることや、未来の自分についても考えておくと、人としての軸が定まってきます。
考えるのが苦手な学生は自分に近い人物を思い浮かべてみたり、ロールモデルを見つけるのが近道です。

自己分析をする上で注意してほしいことは、答えを見つけようとすると罠にハマるということです。
なぜなら答えはないからです。
答えを探そうとせず、気楽に自分のことについて考える時間を作ってみてください。

あからさまな面接対策はいらない

よく面接対策のために実際の面接会場を想定して面接の練習をしようとする学生がいますが、それは必要ないです。
それよりはたくさんの人に会って、たくさん自分について話すことをオススメします。

初めて会う人と会話をする中で、端的に自分を表現する言葉を見つけることができます。
「自分はこういう人です!」と一言で相手に伝えることのできる必殺フレーズを持っておくと、それは面接時にも活きてきます。
必殺フレーズは考えて見つかるものではなく、相手との会話の中から見つかるものなので、とにかくたくさんの人に会って自分の話をしてみてください。

相手のメリットを考えて話す癖を付ける

面接時に多くの学生は「内定ください!」を一番相手に伝えたがります。
しかし企業側が知りたいのは、どのくらいその企業に入りたいかではなく、この学生を採用したら自社にどれだけの価値があるかです。

就活生の「内定ください!」は自分自身のメリットであり、企業側の採用担当者として「では会社側のメリットは?」となります。
普段の会話の中から相手のメリットを考えられるようになれば、面接時にも企業側のメリットを考えて対応することができるようになります。

就活サイトについて知っておく

最近は就活サイトもかなり増えて色々なタイプのものがありますので、就活サイトについて調べる時間を作ってみてください。
一番知っておいてほしいことは企業を探すツールはリクナビ、マイナビだけじゃないということです。
“大手就活サイトには載っていないけど魅力的な企業”はたくさんあります。
情報収集は幅広い視野で行いましょう。

普段使っているアドレスで登録すると、就活サイトからたくさんメールが来て管理が大変なので、就活用に新しくアドレスを作ることもおすすめです。
アドレスを作る注意点は、わかりづらい暗号のようなアドレスは避けて、自分の名前が入った分かりやすいアドレスを作りましょう。

就活サイトだけではなく、自己分析セミナーや就活セミナーは今の時期からでも始まっていますので、興味のある人は調べてみてください。
エントリーが始まる頃は、合同説明会や逆求人系のイベントに積極的に参加してみてください。
その場合はただ参加するだけではなく、参加する目的を整理して行かないと意味がありませんので注意してください。

先輩から就活についての話を聞いておく

先輩が卒業してしまう前に就活についての体験談はたくさん聞いておくべきです。
体験談を聞いて就活が不利になることは一切ないので、たくさんの先輩から聞いておきましょう。
今まさに就活中の先輩がいる場合は生の話を聞くことができるので、先輩に連絡してみましょう。

先輩から話を聞いて終わりではなく、お世話になった先輩には就活が落ち着いた頃に報告やお礼もちゃんとしましょう。
できれば1回でも話を聞いてもらった先輩とは、ずっと関係を続けるスタンスが良いと思います。

学校の単位を取っておく

当たり前の話ですが、学校の単位は早めに取っておきましょう。
4年生になっても週5で学校だと、就活に専念できません。
さらには、内定はもらったのに卒業できなかった学生も多くいます。
単位を早めに取って、余裕を持って就活に臨みましょう。

事前準備ができるものはできるだけ早めにしておきましょう。
就活だけでなく、明日からの人生の質が上がります。
就活で大切なのは、自分を大きく見せることや、自分を偽ることではなく等身大の自分を最大限表現できるかどうかです。
そういった意味で、表現力やコミュニケーション能力を高める努力をしてみてください。