内定がない4年生に読んでもらいたい。今から内定を取るためにできる就職活動のコツとは?

内定がない4年生に読んでもらいたい。内定が取れる就職活動のコツとは?

12月1日から2015卒の就職活動が本格的に始まり、
まだ内定をもらえていない2014卒の4年生は焦りが募ると思います。

確かにこの時期になると、名のある大手企業は新卒の募集を終了します。
しかしそれはあくまで新卒の募集であり、企業は常に優秀な人材を求めています。

また、この時期まで採用を続けている企業でも、業績は上場企業並みに高い企業も多く、
少しでも優秀な人材を採用したいと思っている企業ですので、全く悪いなんてことはありません。

就職活動の始まりと終わりに明確な決まりはありません。
決して周りに合わせる必要などなく、自分のペースで進めていけばいいです。

とはいえ、不安や焦りを抱えている就活生も少なくないかと思います。
そこで、今回はまだ内定をもらえていない4年生に向けて、
今から内定を取るためにできる就職活動のコツを紹介したいと思います。

信頼できる社会人に相談する

内定を取れていない就活生に多く見受けられるのが社会人に相談していないことです。
同じ就活生や友人に相談することで、悩みや不安が解消されるかもしれませんが、
彼らは決して就活のプロではなく、社会を体験しているわけでもありません。

ですので、信頼できる社会人に相談しましょう。
社会人1年目の先輩よりも、社会人3~5年目のかたのほうが経験も多くいいと思います。
また、年が上になるほど社内での地位も高く、人事権を持っていたり、
採用に知り合いがいるため紹介に繋がるといったことも大いにありえます。

そういった社会人の知り合いがいない場合には、以下のようなサービスを使うといいでしょう。

・ソーシャルランチ|厳選された社会人にOB訪問できる就活支援コミュニティ
・茶会人訪問|あなたの就職活動を応援したい社会人がいます。まずは気軽な「お茶」からどうぞ

自分にとって未知の領域に対して飛び込んでいく

内定がない就活生の特徴の一つとして、業界を絞り過ぎていることが挙げられます。

『「やりたいこと=就職先」じゃなくていい。就職は夢を叶えるための手段』
の記事でも述べられているように、やりたい仕事はどこでもできます。

また、「やりたい仕事=あなたができる仕事」とは限りませんし、
やってみたことがないのに、やりたい仕事と言い切れるのもおかしいでしょう。

やりたい気持ちは大事にすべきですが、自分との相性も同じくらいに大事にすべきです。
今までとは違った業界や職種を知ることで、新しい発見がうまれるはずです。
もし行き詰まりを感じていたら、ぜひ新しい業界をチェックしてみてください。

キャリアアドバイザーや就活コンサルタントのサポートを受ける

内定が取れる確率を一番上げる手段は、キャリアアドバイザーなどのサポートを受けることでしょう。

就職活動ではエントリーシート、面接などの段階を経て内定まで辿りつきますが、
自己表現やコミュニケーションが苦手な就活生は面接で落とされがちです。

自分自身の魅力を伝えられていないのですから評価は落ちるでしょうし、
一時面接を一般社員が代わりに行うこともあるため、
全ての面接官が就活生の本質を見抜くことは不可能です。

もちろん表現力やコミュニケーション力を鍛えることも大事ですが、
「自分の魅力を理解してもらい、自分にあった企業を紹介してもらう」ことのほうが近道です。

キャリアアドバイザーであれば、就活生自身の魅力を理解することにも長けており、
その就活生にあった企業をピックアップし、互いを繋げることが可能です。
もちろん紹介だけでなく、カウンセリングや面接対策も同時にしてくれるため、
自分に必要な箇所だけサポートしてもらうこともできます。

内定塾のように有料で就活生に指導を行っているケースもありますが、
無料でサポートしてくれるサービスも増えてきています。

『新卒紹介サービス「ルーキーズ」』

rookie

ぜひこういったサービスを活用して、内定獲得のため頑張ってみてください。

最後に伝えたいこととしては、
「就職活動のゴールは内定獲得だけではない」ということです。
就職活動で内定を取るのが遅かったとしても、社会人のスタートが来年の4月から変わる事はありません。
ギリギリまで選択肢を広く持ち、自分に一番あった企業を探すことが将来にとって必ず役に立ちます。

決して悲観的にならずに、これから先の将来に向けて、一番よい選択肢を探し続けてみてください!