アミューズメント業界への就職を親に反対されたら?親を説得するために伝えるといい3つのポイント

a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_s

アミューズメント業界への就職を決めた場合、
その業界イメージで親から就職を反対されることもあると思います。

・仕事の内容が成長に繋がらない
・人間関係に対して不安がある
・ちょっと危なそう

様々な理由がありますが、
アミューズメント業界のイメージをよく思わない親は少なからずいるでしょう。

そのような場合に備えて、アミューズメント業界の良さを把握し、
しっかりとアミューズメント業界の魅力を伝えて理解を得られるようにしましょう。

人を大切にする業界

アミューズメント業界のイメージは「ブラック」や「低俗」など、悪いイメージを持たれる場合があります。

しかしアミューズメント業界の実情は大きく事なります。
スタッフには福利厚生が約束され、その保証の度合いは他の業界以上にしっかりしています。
さらに社内教育はアルバイトまで徹底されていて、接客の水準はホテル業界並です。

パチンコ業界などでは、お客様に対して少しでも遊技を楽しめるように全面禁煙の施設や、
女性専用の台の導入を行うなど、環境面で様々な配慮も行われています。

何より地域との繋がりを大事にするので、地元地域への清掃活動への参加や、
孤児院、養護施設への金銭的な援助も行われています。

このようにアミューズメント業界は社会の中で存続するために、
周囲との関係性をとても大事にしている業界です。
何より多方面に対してその価値を多く提供できています。

アミューズメント業界の事を伝える際には、そこにいる人たちが、
温かみを持って、真摯に働いている事実を伝えるようにしましょう。

アミューズメント業界は戦略的で面白い

アミューズメント業界というと仕事の内容として雑務が多いイメージが強いと思います。

しかし実際には法律の問題、競合が多くいる事が重なり、
企画、営業、管理全てにおいて、高い水準のスキルを求められます。

マーケティング戦略一つにしても、各店舗毎に地域一位を獲得する為に、
日々議論が重ねられ、様々な施策が試されています。
社内教育も徹底されており、店舗として少しでもいい成績を残すために、
正社員からアルバイトまで営業、接客のスキルをとことん磨かれます。

一見何気なくやっている仕事も、裏ではかなりの準備が行われているのです。

さらに他の企業ではあまり行われないCSR活動にも積極的であり、
養護施設の子供向けにイベントを開催したり、被災地でのボランティア活動を企画するなど、
担当、役職によってその活動は多彩になります。

もちろんこのような仕事面でのスキルは将来的に他の業界でも通用するもので、
転職にも有利に働く可能性は十分にあります。

人によっては20代で店舗のマネージャーを任され、
地域売り上げ1位を獲得するような優秀な人材も多くいます。
アミューズメント業界の仕事はやりがいがない、ということは絶対にありません。

関連企業には優良企業が多い

アミューズメント業界というと、危ないようなイメージが持たれることも少なくないと思います。
ですが、決してそんなことはありません。

アミューズメント企業における優良企業の多くは、むしろ日本の優良企業と多く繋がっています。
映画産業、イベント産業、アニメ産業など、日本を代表する産業の多くは、
アミューズメント業界からの資金援助によって成り立っています。

さらにCSR活動の関連で社会的に見落とされがちな、
児童養護施設や介護施設など、政府の援助が行き届かない業界との関わりも強いです。

そういったアミューズメント業界の一面が世間に知られていないだけで、
裏で多くの産業や人々を支えているのです。

ギャンブル要素や雑務などの印象が悪い面ばかりが見られがちですが、
社会的に有益な存在としてアミューズメント業界がある事実を親には伝えましょう。

親であれば子どもの進路を気にするとは思いますが、
自分自身がやりたいことであれば、その進路は間違いではありませんし、
自信を持って取り組むべきことだと思います。

世間体や先行イメージにとらわれることなく、自分の価値観を大事にしていってみてください。