目的に応じて考えてみよう! 自動車免許はMT車?それともAT車?


こんにちは、ライターの柳田です。
現在自動車免許のために教習所に通っている身として、免許取得を考えている学生が悩むポイントであろう「合宿か通いか」という記事を先月ご紹介しました。
まだお読みでないという学生はこちらから→合宿?それとも通い?自動車免許取得はどっちがいいのか両者のメリットデメリットをあげてみた

今回は続編として、もう一つの悩みどころである「マニュアルかオートマか」というテーマについてご紹介していきます!

そもそもマニュアルとオートマでどんな違いがあるの?

最初に気になるのがマニュアル車(以下MT車)とオートマ車(AT車)の違いですよね。
免許取得に当たって、この二つではそもそも異なる資格になるため、以下で要点を抑えていきましょう。

普通自動車免許はMT車での免許取得を指す

学生が就職活動に向けてぜひとも持っておきたい資格の一つである運転免許。
正式名称を「普通自動車運転免許」と言います。
注意したいのは、この資格はMT車で免許を取った場合の書き方であるということです。

AT車で免許を取得した場合は、「普通自動車運転免許(AT限定)」と条件付きのカッコ書きが付け加えられます。
履歴書に資格を書くときは両者は異なる資格になるので、くれぐれも混同しないように気をつけましょう!

MT車とAT車で異なるのは運転方法そのもの

では実際に両者で異なる点はどういったものなのでしょうか。
大きく分けて2つあります。
実際に乗ってみないと分かりにくいですが、MT車とAT車の運転で最も大きく異なる一つ目の点は「左足の操作」です。
MT車では、車を動かしたり止めるのに、アクセルを右足で踏むだけでなく、左足でクラッチペダルと呼ばれる別のペダルを踏む必要があります。
AT車にはクラッチペダルは存在しないため、運転中は左足の役目はありません。

二つ目の点は、左手の操作です。
MT車では速度に合わせて一般的に5つのギア操作を行います。
「ギア操作って?」と思われるかもしれませんが、自転車のギアと同じような感じです。
自転車も1と3ではペダルの軽さや速度が異なりますよね。
同様に、MT車では早さに応じてギアを使い分ける必要があります。

一方AT車では全く無いというわけではありませんが、基本的にギア操作をほとんどする必要がありません。
急な坂道など特別な条件下では操作が必要になる場合もありますが、平坦な道を走る際には操作を必要無いと言ってもいいでしょう。

料金体系も教習時間も微妙に異なる!

免許取得に当たって必要となるものにも、両者で異なる点があります。
まず料金ですが、MT車はAT車よりも1~2万円ほど高くなる場合が多いです。
ちなみに僕が通ってる教習所では、MT車が290,700円AT車が277,800円というように、12,000円ほどの違いがあります。

また乗車回数も若干異なります。
MT車の方がAT車よりも2回分多く乗車します。
操作が複雑な分、2時間多い教習になります。

車が好きならMT車、乗るだけでいいならAT車がお勧め!

以上、ここまでMT車とAT車の違いを見てきました。
「違いはある程度分かったけど、実際に乗ってみたわけじゃないしどっちがいいんだろう。」
こう思われている学生も多いですよね。

結論から言ってしまうと、「車が好きか、別にそんな訳ではないか」によって分かれると思います。
MT車は操作は複雑ですが、その分運転そのものを楽しむことができます。
良く、車好きな人は、「MTでは車を自分が運転していて、ATでは自分が車に運転させられている」と言います。
僕自身はMT車ですが、まさしくこの通りだと思います。
AT車よりも難しい分、運転していてとても楽しいです。

一方、AT車は操作が少ない分運転がとても楽です。
また、レンタカー含め普及している車のほぼ全てはAT車のため、(AT限定)と書かれるからといって資格の面でも全く心配する必要がありません。
バスの運転手などを目指すのであればMT車免許が必要になりますが、一般的にはAT車の免許だけで十分です。

したがって、車の構造や運転を十分楽しみたいという学生は今後取得する際はMT車をお勧めします。
反対に、特に好きではなくて単に免許が欲しいという学生であればAT車で取得するのがベストでしょう。

車の運転は最初こそ怖いものの慣れるととても楽しいものなので、ぜひ学生のうちに取得してドライブを楽しみましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

柳田哲

やなごん。 将来の夢は日本と中東の架け橋になること。 アラビア語・イスラームについて勉強していて中東をおもに放浪してます。 家系図作成もしていて、先祖を400年辿ることに成功しました。