【大学1,2年生向け】就活を目的としたものではなく、結果としてアピールできるような活動をしよう!


ライターの柳田です。
3年生の前期は全く活動していなかったのですが、後期になってから久々に気になる企業の話を聞きに行ったり、インターンの面接で社会人と触れ合う機会が多くなりました。
時期的にもこれまで特に就活を意識してこなかった周りの友人も夏休みのインターンに参加したりと、雰囲気的にも就職が近づいているんだなと実感するようになりました。

面接自体は割と好きなたちなのですが、それ以上に同年代の学生の話を聞くのがなかなか面白いです。
周りの友人に話を聞いたり、面接などの場に行くと、思うことや気づきがいくつか出てきたりします。

最近良く思うのが「就活のために活動をしている学生が多い」ということです。
今回はこのテーマをもとに、大学1,2年生向けに「活動してきた内容や経験が結果として就活につながる方が良い」という点について書いてみようかと思います!

就活を目的とした活動だけではありきたりの話しかできない!

最近周りの学生の中にもインターンに参加する人が多くなってきました。
参加する理由の中で大多数を占めるのが「就活に向けて気になる業界を見てみたい」というものです。
経験としてインターンに参加することで、周りと差を付けたいということですね。
他には、「就活が近づいてきているから、社会人の働いている光景を実際に見てみたい」というものも多いです。

理由としてはもっともで、インターンに参加するだけでも、参加していない学生と比べると大きなアドバンテージになることは大いにあります。
しかし「大きく差を付けたい!」と考えるのであれば、これでは不十分ではないでしょうか。

「就活に向けて」という「目的」のためだと、大多数の学生のインターン参加への動機がこれに当てはまるパターンが多いため、そこまで大きな差は開きません。
本当に大切なことは、「今まで自分はどのような活動をしてきて、その中でどのような経験を積み、それを就職活動そしてその先の社会人としての生活にどう当てはめるか」ではないでしょうか。

つまり「目的」としての活動ではなく、今まで活動してきたことが「結果」として就活に役立てばいいのです。
企業での面接や面談は個人だけでなく、複数人の参加者で行われることも多くあります。
そこで良く思うのが「こんな話や意見前も聞いたなー…」というものです。

たかが一介の大学生ですらこのような感想を抱くのですから、社会の最前線で活動し、比べ物にならない数の学生と話してきた人事担当の方や社会人はどのように思っているのでしょうか。
おそらく「またこのネタか」や、「あーまたそれね」といったことも多いのではないでしょうか。

「経験」としての活動をもとにした話は説得力が違う

反対に、特に就活のためにという訳でなく、自らの興味分野であったり本気で取り組んできた活動での経験や、その中での反省を今後にどう活かすかという話は非常に説得力があります。
その内容が誰にでも言えるような内容ではなく、個性的であればあるほど説得力が増します。

活動とは少し違いますが、「説得力が桁違いに違うな」と思った話があります。
その学生は後輩の友人で、後輩とともに国際関係を専攻するゼミに所属しています。
同期で「なんで国際関係のゼミを志望したか」という話題になった際、大抵の学生は「国際問題に興味関心があったから」と答えたそうですが、なんともありきたりで、正直誰にでも言えるような内容ですよね。

しかし一人だけこう答えたそうです。
「プラモデルが好きで、特に歴史上の戦争などをモチーフにした題材が好きなのだが、本気で完成度高く作るなら当時の国家間の関係などを学ばなければ正確な作品はできあがらない。」

これには痺れましたね!
誰にでも言えることではなくこの学生にしか言えないことで説得力が断然増します。

さきほど述べたようにこの例は活動とは少し異なりますが、同じことが言えるのではないでしょうか?
どんな組織に属していたかであったり、どれほど有名な人と関わってきたのは正直どうでもいいことです。
本当に大切なのはどんな組織に属していようと、その中で自分がどのような活動をして、どんな経験を積んで、それを今後どう活かすかどうかです。

それが最終的に就活で話せる材料の一つにでもなればいいのです。

活動はなんだっていい!

大学1,2年生の学生のみなさんには時間がたっぷりあります。
好きなこと、興味のあることに対して全力で取り組むのに十分な時間があります。

その際に取り組む活動はなんだっていいのです。
・サークルが好きだからサークル内の体制に革新をもたらしてより良いサークルにした。
・アルバイトで店員同士のコミュニケーションが足りていなかったから飲み会の幹事を積極的に引き受けてバイト先の雰囲気を良くした。

ガツガツとした真面目な活動じゃなくたっていいのです。
こういった経験があるだけで、例えば二つ目の例であれば就活の際に次のようなことが言えるかもしれません。

「私はアルバイト先で店員同士のコミュニケーションが十分に取れていないことが店舗の雰囲気を悪化させているのではないかという問題意識を持ちました。そのため積極的に飲み会などを開催し、店員同士の関わり合いを増やすことでコミュニケーションを円滑にはかることができるような雰囲気を作り上げることに成功しました。この経験を活かして御社でも人事担当として社内の雰囲気をより良くし、ひいては会社全体のイメージを向上させていきたいです。」

これはあくまで僕がパッと考えついた例ですが、自らの体験に基づいた話は非常に説得力がありますよね。

大学1,2年生のみなさんは、時間がたっぷりあるうちに!

いかがでしたか?
好きでやっていたことが最終的に就活にもつながればこれほど良いことはありませんよね。
大学3年生以降は、色々なことにチャレンジする時間を取ることが、だんだんと少なくなっていきます。

時間に余裕がある1,2年生のうちに自発的に何かしらの活動をしておくと後々大きな貯金になるかもしれませんね!

ABOUTこの記事をかいた人

柳田哲

やなごん。 将来の夢は日本と中東の架け橋になること。 アラビア語・イスラームについて勉強していて中東をおもに放浪してます。 家系図作成もしていて、先祖を400年辿ることに成功しました。