【ライターコラム】私が学生団体に入っててよかったと思う理由は「経験」と「人、縁のつながり」

59845496d0242ff6c266d20aad9a08b6_m
こんにちは!
ススメライター、大学3年生の依田です。

私は大学2年生の1年間、海外スタディーツアーを企画する学生団体に参加していました。
私がなぜその学生団体に所属したのかという理由についてはコチラを参照してください。

学生団体に入っていたのは1年間でしたが、この1年間で得られたものは今でもつながっていることがたくさんあります。
今回は、わたくし依田が学生団体に入っていてよかったと思う理由についてお話したいと思います。

今学生団体に入ろうか悩んでいる人がいましたら、参考になれば幸いです。

経験値があがった

学生団体に入っていて得られたものといえばやはり「経験」です。
私が得られた「経験」についてまとめてみました

旅行企画のスキル

私が学生団体に入った理由についての記事にも書いてありますが、私は旅行企画のスキルをつけたいと思って学生団体に入りました。
そのため、このスキルを得ることができたのはとても大きかったです。

海外ツアーのため、海外のツアー会社と連絡を取るためにとある企業様に仲介に入っていただいていました。
海外ツアーが仕上がる過程を知ることができたのはもちろん、
「この海外スタディーツアーは何を得るためのツアーなのか?」
「自己満足にならないツアーのために何ができるのか?」
等々、このようなマインド面のスキルも磨くことができました。

その他仕事のスキル

社会に出たらきっと使うであろう仕事のスキルをたくさん学ぶことができました。

・企業と連絡を取る際のメールの作法、敬語。
・スーツの着こなし
・議事録の取り方
・効率の良い会議の進め方
・タスク管理能力

などなど…細かくて全て書ききることができません!
普通に大学生をしていては得られないことを多く学ぶことができました。

人、縁のつながり

人のつながり

学生団体に入っていて得られるのは経験だけではありません。
私はこの「人のつながり」というものが1番大きいのではないかと思います。

私も学生団体で出会った仲間とは今でも連絡を取り合い、たまに顔を合わせます。
また、私の団体は学生団体同士が集まる大きなイベントにも何度か出店をしました。
そこで出会った別の学生団体の方々の中でも、未だに連絡を取り合っている方もいます。

学生団体に所属しているような人は、常に目的意識を高く持つ続けている大学生である場合がほとんどです。
そのような人と一緒にいるとこちらの意識まで高くなり、お互いに刺激し合うことができます。

縁のつながり

また、私は学生に団体に入っていたために1つ「縁」をいただきました。
そうです、この「学生団体へのススメライター」というお仕事です。
ライターというお仕事に憧れ、でもチャンスがなくて悶々としていた時、ススメライターの一人である柳田くんに「学生団体に所属していた経験があるのならば、ぜひライターをやってみないか?」と声をかけていただきました。
学生団体を脱退したあとの話ですが、学生団体をきっかけに「縁」をいただいたのです。

以上、私が学生団体に入っていてよかったと思う理由でした!