デザイナーに興味がある学生へ。デザイナー職で内定獲得のためにしておくべき5つの行動

デザイナー職で内定獲得のためにしておくべき5つの行動

デザイナー職に興味がある大学生や専門学生は多くいると思います。
ただ一般職に比べて専門性が高いこともあり、内定獲得に至らない学生もいます。

素質やスキルが足りていない場合であればしょうがないかもしれませんが、
あと少しの努力をするだけで、デザイナー職での内定獲得に結び付くような学生は多いです。

・デザイナー職に興味があるけど面接で通らない
・これからデザイナーになるためになにかしておきたい
・より優秀なデザイナーとなって採用されたい

と考えている学生に、デザイナー職で内定獲得のためにしておくべきことを5つ紹介します。

デザインの基礎を学ぶ

今更デザインの基礎を学ぶ必要なんてない、という学生もいるかと思いますが、
仕事をしていくうえでしっかりとした基礎知識があることはとても重要です。

仕事のなかで使われる言葉が理解できなかったり、
打ち合わせで紹介された事例について全く知らなかったり、
知識や基礎がないことで、相手とのコミュニケーションを取ることが難しくなります。

具体的には、
・基本的な配色パターン
・色や形がどういった印象を持たれるか

などは最低限知っておくといいと思います。

ディレクションスキルを高める

デザイナーの仕事は決してデザインだけではありません。

仕事に慣れてきたり、立場が上がっていくことで、ディレクションを任せられることがあります。
そのため、デザインだけでなく、ディレクションスキルが高いほうが好まれます。

場合によっては、クライアントとの打ち合わせに同行したり、
デザイナーの仕事以外を任せたいという企業もいるかもしれません。

どちらにせよ、いずれ部下を持ち、指示を出していく立場を目指すとしたら、
ディレクションスキルを身につけておいて損しないはずです。

+αのスキルを持つ

デザインを主とした仕事だとしても、デザイン以外のスキルを持っておくといいです。

WEBデザイナーであれば、最低限のコーディングスキルは必要ですし、
HTML/CSSはもちろん、javascriptやjQueryなどでサイトに動きを持たせることや、
スマートフォン対応やレスポンシブデザインに強いなど、特徴がある方が採用率が高いです。

サイト制作以外に具体的な例を挙げておくと、
・多種多様なデザインをつくることができる
・動画編集ができる
・営業やコンサルなどクライアントとのやり取りができる
・アプリ開発ができる

などがあるかと思います。
決してデザインだけではだめ、ということではありませんが、
複数のスキルを組み合わせることで、自分自身の個性を出すことができますし、
仕事の幅も広がるはずです。

OB訪問など社会人の話を聞く

美大生やデザイナー志望の学生にたまにあることが、社会人の話を聞く機会が少ないことです。

たとえデザインスキルが高かったとしても会社が求めるスキルと不一致であったり、
会社の風土が自分にあうか、などはデザインとは別の問題です。

デザイナーに興味を持ったときには、デザイナーの仕事だけでなく、
興味ある会社のことや働き方についてもしっかりと学んでおきましょう。

仕事内容やどういったスキルが必要になるのか、ということも大事ですが、
どんな人と働くか、働きやすい仕事場か、などの仕事環境も良い仕事をするうえで重要です。
こういった情報はネット上で知ることが難しいこともあるため、
社員のかたの話を聞いてみたり、実際に一度働いてみることで知ることができると思います。

会社やチームで働く経験を持つ

会社のなかで仕事をするとしたら、1人で全てを担当することは少ないです。
また、全てが自分のやりたいことや作りたいものが出来る訳ではありません。

仕事をするうえでデザインのスキルだけでなく、
仕事のノウハウや円滑なコミュニケーション、他メンバーとの連携が必要です。

自分ひとりでデザイナーとして働くことと企業で働くことの違いは大きいため、
働く経験を持っていることは内定獲得に繋がるはずでしょう。

具体的な手段としては、デザイナーのインターンとして働いてみることがおすすめです。
インターンから正社員として採用されるケースもありますし、
仕事のなかで自分のデザインスキルを高めていくこともできます。

大学のなかで知識を身につけ、自分を中心に制作する機会とは違い、
実際に仕事としてアウトプットすることは責任も伴いますし、良い経験になるはずです。

周りの社会人の仕事ぶりを見ることもでき、自分が働く姿もイメージしやすくなりますので、
就職活動前に働く経験をしておくことをおすすめします。

ポートフォリオで出来る就職活動サービス「ViViViT」

デザイナーのインターン求人サービスはいくつかありますが、
そのなかでおすすめのサービスのひとつが「ViViViT(ビビビット)」です。

ViViViTでは自分のポートフォリオを基に就職活動をすることができ、
企業のかたからスカウトが来たり、自分から話を聞きに行くこともできます。

就職活動だけでなく、インターンやアルバイトでも活用できますので、
働いてみたいけど、どんな企業があるか分からない学生はチェックしてみてはいかがでしょうか?

「ViViViT」について詳しく知りたい学生はぜひチェックしてみてください!
本サイト:『ViViViT』
参考記事:『ポートフォリオを基にスカウトがくる新しい就活/採用のカタチ「ViViViT」』