今更聞きにくい!? 大統領選までに把握しておきたい、アメリカの民主党と共和党の違いって?


こんにちは、ライターの柳田です。
2016年度、アメリカの大統領選が約1年後に控えていますね。
「ここは日本だから関係ない。」
そういう訳にはいきません。

昔よりも衰退はしているものの、依然としてアメリカが世界に及ぼす影響力は絶大です。
そのアメリカが今後どうなるかという点に大きく関係する大統領選は日本人である私たちにとっても無関係ではありません。

ところで学生の皆さんはアメリカの民主党と共和党の違いって説明することができますか?
両者について聞いたことはあると思いますが、それぞれの主張や違いを説明できている学生は少ないかと思います。

大統領選に関心を持つのも大切な事ですが、それよりもまずはアメリカ議会の基本である両政党について知っておく必要があります。
そこで今回は民主党と共和党の違いについて簡単にご説明したいと思います!

姿勢は自由主義!オバマ大統領も属す民主党とは?

DemocraticLogo
シンボルマークはロバです。

リベラル(自由主義的)な考えを持つ政党で、代表的なところでは、以下の点を認めています。

・人工妊娠中絶
・多様な宗教
・同性愛
・死刑制度廃止
・不法移民容認
・労組重視

これらの項目からもわかる通り、寛容のスタンスを取っていて文字通りリベラルな政党が分かります。
このことからアメリカ国内においてもマイノリティの支持を特に受けています。
2009年からは民主党に所属するオバマ氏を大統領に輩出しています。
黒人男性が大統領になったのも民主党ならではのことですね。

ただし、民主党の中にも保守的な議員が多くいるなど、必ずしもリベラル一本で突き進めているわけではないので注意が必要です。
しかしあくまで基本姿勢はリベラルであり、次に説明する共和党と比べると他国や国連と協調しようという動きが見られます。

数多くいるアメリカ大統領の中でも、おそらく大半の学生が知っているであろう以下の人物が民主党出身の大統領です。

・ウィルソン
・フランクリン・ルーズヴェルト
・ハリー・トルーマン
・ケネディ
・カーター
・クリントン

こう見ると特に第一次世界大戦後に国際連盟の設立を唱えたウィルソン大統領や、世界高校の時にニューディール政策を行い雇用の大幅拡大を行ったフランクリン・ルーズヴェルト大統領などはリベラルの代表格とも言えるかもしれませんね。

基本は国益重視!保守的な党である共和党とは?

Republican_Party
シンボルマークは象です。

リベラルな姿勢をとる民主党とは異なり、共和党の基本姿勢は保守です。
行動するために真っ先に考えるのは自国(=アメリカ)の国益であり、他国との協調や国連との関係重視というよりは、まずアメリカを中心に捉えます。

伝統的な保守層とキリスト教主義の人々を支持者の中心としています。
歴史は、民主党よりやや浅く(と言っても2,30年ほどです)、当初は保守的な党というわけではありませんでした。
黒人奴隷制度に反対するリンカーン大統領を輩出するなどリベラルな一面を持っていました。

しかし20世紀半ばには支持層の中心として伝統的なキリスト教主義の人々が入ることとなり保守を基本姿勢とするようになりました。
民主党に対して、共和党は以下の点を主に主張しています。

・人工妊娠中絶の禁止
・死刑制度存続
・不法移民反対
・銃規制反対
・家族の重視

このように、民主党とは対極な姿勢を取っています。

民主党と比べると数は少なくなりますが、ほとんどの学生が知っている大統領の中では以下の時間物が共和党出身者です。

・リンカーン
・セオドア・ルーズヴェルト
・ニクソン
・レーガン
・ブッシュ(父)
・ブッシュ(子)

ちなみに、2016年の大統領選にはブッシュ(子)元大統領の弟であるジェブ・ブッシュが立候補しています。
特にブッシュファミリーは、イラク戦争やアフガニスタンの空爆など、アメリカの国益を重視した外交政策を取っている大統領の代表格ですね。

最後に

それぞれより詳しく見ようとすると本が書けてしまうほど細くなってしまいます。
今回は基礎の基礎ということで、それぞれの党の姿勢や、主張、どんな大統領を輩出したのかという点を説明しました。
とても簡単になってしまいましたが、これを知っているだけでもアメリカの大統領選がちょっと違った角度から見えてくるかもしれませんね!

ABOUTこの記事をかいた人

柳田哲

やなごん。 将来の夢は日本と中東の架け橋になること。 アラビア語・イスラームについて勉強していて中東をおもに放浪してます。 家系図作成もしていて、先祖を400年辿ることに成功しました。