訪日外国人と日本人のニーズをマッチング。日本を国際的に成長させる。

12688037_1009753469112612_4316550679844556289_n
名前:秋山燿平
大学:東京大学大学院
所属:学生国際交流団体Élan

東京大学大学院1年で学生国際交流団体Élanの代表を務める秋山さん。

2014年5月から始まったパーティは1~2週間に1度行っており、現在までに51回開催し、8000名以上の方が参加している。
語学堪能で7ヶ国語を習得している秋山さんに、パーティ開催の秘話と今後の日本のグローバル化について伺ってきた。

訪日外国人と日本人のニーズを発見!

—なぜ団体を設立しようと思ったのですか。

以前、アメリカに短期留学で語学学校に通っていました。
当然のことですが、語学学校はその国の言語を習得するための学校であり、ネイティブの方は先生ぐらいしかいません。

そのため、アメリカに留学行ったのにネイティブと交流する機会が少なかったんです。
そのときに逆に外国から日本に来た留学生たちは同じような悩みを抱えているんではないかと感じました。
日本にきても日本人と知り合えてないんじゃないかっていう外国人に対してのニーズを。

—なるほど。それで団体設立を?

もうひとつあります。
日本人のニーズです。
中学高校とずっと英語やってきたけど話せなかったり、話したいけど、話す機会がない。
そんな思いを抱えている日本人も少なくないはず。

訪日外国人のニーズと日本人のニーズを合わせることで問題は解決に向かうのではないかと思ったのです。
両側が会うことが場を作ろうと思い、この団体を設立しました。
あと私には語学という“強み”もあり、活かしたかったので。

 外国人に好まれるパーティ=何もしないこと

—毎週、パーティを開催するのは準備など大変じゃないですか?

いえ、そんなこともないんです。
うちのパーティは他の国際交流のパーティとは違い、場を提供するだけで、何もコンテンツがないので。
つまり、「外国人に好まれるパーティ=何もしないこと」だと考えています。
それが外国人の参加者にもウケが良く、外国人のリピーター率は極めて高いものとなっています。
外国人が多いパーティということで、必然的に日本人の参加者も増えてきます。
さらに、こちらの運営側も負担が減って、週1開催も苦じゃありません。

—参加者はどんな人が多いですか?

大学1、2年生や最近では高校生の参加も増えてきて、比較的に若い人が多いですね。
日本人参加者に「英語を話せないといけませんか?」ってよく聞かれますが、全くそんなことありません。
よくよく考えたら、外国人ってなんで日本にきているのかっていうと、日本人に出会いたかったり、日本語を勉強しに来ていますよね。
だから、「英語話さなきゃ」って身構えなくても大丈夫ですよ。
12620842_998834733537819_1182590297_o

もっと圧倒的に、常に上を目指す。

—意識しながら活動していることはありますか?

中途半端にやるのではなく、圧倒的に上を目指したいですね。
常にもっと圧倒的になりたいって思っています。
国際交流パーティといえば、ここエランみたいな。
その信念があったからこそ、週1でこれまでやってくることができたんじゃないでしょうか。
次のステージに繋げたかったら、ひとつに集中して突き詰めることが必要だということも大事だと思っています。

 国レベルで、日本の国際的な成長に貢献したい

—今後の展望などありますか?

現在微力ながらですが、日本人の国際的な思考を育てたり、外国人が日本で日本人と知り合える場を提供することに貢献できていると考えています。
今後は国レベルで日本の国際的な成長に貢献していきたいと考えています。
その目標の達成には複数の方法があると思いますが、例えば今の国際交流パーティの延長で、「日本の若者が抱える英語力という課題を解決する」ことがあると思います。

海外の優秀な学生の多くが十分な議論ができるほどの英語力がありますが、残念ながら日本の学生は優秀な人でも英語に対して苦手意識を感じている人が多いのが現状です。
グローバル化が進むこの世界において、そして少子高齢化が進む日本社会において、日本人の若者が世界の優秀な人材と同等の英語力を身につけることは将来の日本のさらなる成長に不可欠だと考えています。
そこで近年増えている留学生や外国人観光客を上手く結び付けられたら…なんてことを思っています。

(写真提供:秋山燿平さん)

ABOUTこの記事をかいた人

川島宏美

日本大学商学部3年 ブロガー歴10年の母の影響でWEBマーケティングに興味をもつ。 ”魅力を引き出す”と”伝える”人になりたい。 好きなものは美味しいものと美味しそうに食べてる笑顔。 2016年3月からオーストラリアに留学予定。