コーチングツール『エニアグラム』から導く、学生団体の中での自分の価値とは?

661889530dc22df50e1e794b415dc705_s
学生団体において、あなたはどのような価値を生み出していますか?
あなたはどのような立ち位置にいますか?
「ただなんとなく、何かを得られそうだと思うから所属している。」
これだけでは非常にもったいないです。

自分はこの団体においてどのような立ち位置にあるべきで、どのような価値を生み出すことができるのかわからない。
そもそも、自分についてよく分かってない。
そんな人にぜひ試していただきたい自己診断があります!
その名もエニアグラムです。

エニアグラムって?

エニアグラムとはコーチングの一種です。
エニアグラムは単なる心理テストとは異なります。
自分の心や気持ちの仕組み・感情の出方、考え方や言動、行動の傾向など、自分自身について知るということが主な目的です。

エニアグラムで自分を理解することは、相手を理解することにつながります。
お互いが生き生きと活躍できる、そんな団体づくりにもってこいのコーチングツールです。
次はこの結果の活かし方についてお話したいと思います。

エニアグラムの活かし方

エニアグラムのタイプを出して満足してしまってはいけません。
それでは単なる心理テストや占いで終わってしまいます。
自分のこだわり、プラス面、マイナス面、リーダーシップの取り方など、色々なアドバイスが書いてありますね。

一つ気付いていただきたいのは、自分のその個性は他人がいるからこその個性ということです。
現代文の問題のようでややこしく聞こえますが、簡単に言えば自分一人だけこのエニアグラムを行っても意味がないということです。

このエニアグラムは自分自身を知るツールであると同時に、他人について知るツールでもあります。
団体にいる限り、周りの人と自分との関わりが非常に大切になります。
自分のことについて知っていても、他人について知らなければ団体内でバランスを取ることができませんよね。
もしエニアグラムを行う場合は、団体内の全員で行うことをオススメします。
それこそがエニアグラムを最大限有効活用する方法です。

さっそく使ってみよう!

さっそく、以下のサイトから診断を始めて見て下さい。

http://shining.main.jp/eniatest.html

それでは、結果がでましたね。
みなさんのタイプは一体なんでしたか?
もう1度言いますが、結果を出して満足してはいけません。
生かすことが最大の目的です。



以上コーチングツール、エニアグラムの紹介でした。
学生団体の中で、また別の組織の全員で試し、よりよい団体づくりのためにぜひご活用ください!

ABOUTこの記事をかいた人

依田有里佳

東京女子大学 現代教養学部 国際社会学科 国際関係専攻3年 アジア、特に中国、台湾が大好き!台湾に5年滞在した経験があります。 大学では中国、台湾について研究。2015年9月より上海へ留学。 夢は、「伝える力で明るい東アジア」を作ること! 趣味は海外ドラマ、アニメ観賞。 facebook→https://www.facebook.com/yurika.yods