あなたは当てはまってる?優秀な学生に共通する5つの特徴

優秀な学生

出会った学生が優秀かどうか、は一緒に行動すればすぐに分かります。
もしくは、少し話しただけでもなんとなく優秀かどうかの判断はできます。

もちろん優秀という定義は人それぞれ違うため、一概に言えることではありませんが、
どんな分野においても、また社会人になったとしても、以下の「5つの特徴」を持っている、
それらをしっかりと出来ている人は優秀なのかなと思っています。

また、この5つのことを最低限できていれば十分に優秀なのではないでしょうか?

ぜひ自分に当てはまっているかどうか考えつつ、日々の行動を改善してみてください。

1.やるかやらないか、ではなく、どうやるか、で考える

学生生活においてできることはたくさんあります。
インターン、海外旅行、ゼミ、学生団体、バイト、もちろん遊ぶことも。

ただ時間は限られているため、取捨選択をしなくてはいけません。

ですが、どれをやろうか、やるかやらないか、で悩むのではなく、
やりたいことを全部やるためにどうすればいいのか、考えることができる人もいます。

限られた時間のなかでより多くのことを経験することができれば、
それは確実に成長や今後の糧になるはずですし、
少しでも多くのことをしようと1つ1つの行動の密度を高めることで
集中力やそのなかで得られることも大きくなります。

「時間がないから」とやらない選択肢をとりがちな学生は、
「どうすればできるか」と考える癖をつけてみるといいです。

2.失敗を糧にする

誰もが失敗します。
経験が浅く、新しくなにかを始めれば失敗することは多々あります。
ですが、失敗から学び、次に活かすことができれば問題ありません。

失敗は成功までのキャリーオーバーだと思いましょう。
たくさん失敗して、たくさんキャリーオーバーすればするほど、
成功したときのリターンは大きいはずです。

たとえ失敗しても成功するまで止めない。
失敗を糧にすることで自分の経験全てをより良い体験に変えましょう。

3.情報収集に敏感

優秀な学生はしっかりと情報収集している傾向があると思います。
また、良いと思った情報やツールはすぐに自分に取り入れて、活用しています。

以前「100年続く学生団体に必要な7つのこと。」というイベントがあったのですが、
そのなかで登壇者ゲストが当日資料を配布していました。

自分もそのなかの1人で資料を後日渡せるようにしたのですが、
資料を申し込んだ人の半数は同じ登壇者ゲストでした。

決して貰って損はしない資料ですし、つまらなかったら途中で止めれば問題ありません。
ゲストは10人程度に対し、参加者は200人もいるにも関わらず、
この比率になったのは、やはり情報収集や成長に対する意識の差のように思いました。

日々の行動の小さな差で、成長のスピードは変わっていきます。

4.期限をしっかりと守る

学生のほとんどが期限を守っていないと思うほど、みんな守っていません。
(社会人でも守っていないことはありますが)
当たり前ですが、期限を守らないと信頼を失います。

もし遅れることがある場合は事前に連絡するようにしましょう。
相手はあなたの返事を待っているかもしれません。

また、自分からしっかりといつまでにやるか期限を提示しましょう。
相手に決められた一方的な期限で苦しむより、
自分で期限を提示することで、期限を守る意識も高まって良い結果に繋がります。

5.やりたいことを明確に持っている

やりたいことや夢は「行動の原動力」になります。

どんなに高いスキルを持っていて時間がたくさんあったとしても、
やりたくないことでは人は本気で頑張ることができません。

自分がやりたいことを明確に持つことは、
やりたいことに本気に取り組み頑張ることができるだけでなく、
その他のことにも本気で取り組むことができます。

やりたいことをやるためには時間が必要なので、
余計なことは早く終わらせることができるように努力できますし、
たとえば、世界一周がしたくてお金が必要だとしたら、
どんなに大変でもバイトを頑張ることができるのではないでしょうか。

やりたいことを今すぐにやらなくてもいいです。
やりたいことがあるだけで、普段の行動や意識も変わっていきます。

ぜひ普段の生活のなかでも、目標や夢を意識しながら行動してみてください。

あなたはいくつ当てはまっていましたか?

まだまだだと思う点があれば、ぜひ今すぐ改善してみてください!