業界調査がどうしたらいいか分からない就活生へ。業界についてわかりやすくまとめてあるWebサイト3選

業界調査を始めるにあたって

就職活動の中で業界調査は就活生にとって、大きな壁の一つになると思います。
しかし、業界調査を幅広くしておくことは、就職活動の後半で、
自分の選択肢を大きく広げ、内定獲得のチャンスを増やすことにも繋がります。

多くの社会人は業界調査にあたって「四季報」を買う事をおすすめしますが、
分厚くて、どこを読んだらいいか分からない本を買う事に気がひける方も多いと思います。

そこでまずはWebサイトで分かりやすくイメージ図などを使って業界をまとめているものを見て、
そこから自分の興味がありそうな業界について深く調べてみることをおすすめします!

業界の動向を幅広く網羅!「業界動向SEARCH.com」

gyoukai-search

>>>http://gyokai-search.com/

「業界動向SEARCH.com」では主要な業界について、
ジャンル別に企業のランキングを出したり、業界規模などのデータをまとめて掲載しています。

特に見ておきたいのは、5つのトップメニューの中にある、業界天気図です。

gyoukai-tenkizu

こちらは今後の各業界の動きを、天気予報にみたてて紹介しています。
どの業界の雲行きが今後良くなっていくのかが一目で分かります。

業界調査となると、中々業界間の比較が難しいところではあるので、
このように天気予報図として比較ができるのは、理解のしやすさと言う点でも、
とても便利なWebサイトになっています。

業界の勢力図が丸わかり。「完全網羅!業界MAP」

こちらはイーキャリアというソフトバンクが運営する転職サイトの、
ページの一部で、業界をまとめた図が掲載されています。

gyoukai_map_018

>>>http://www.ecareer.ne.jp/contents/business_map/index.jsp

上の図は、百貨店についてまとめたものですが、
他にも出版、人材、広告など、人気業界の勢力図が何枚も掲載されています。

「四季報」にもほぼ同じような図が掲載されていますが、
こちらは無料で見れるという点で、「四季報」以上に使いやすいのではないかと思います。

業界内の関係も一緒に図の中で分かるので、企業ではなく、
業界でエントリー先を決めている場合は、業界全体を見渡すのにとても便利です。

業界、職業、資格、年代、様々なアプローチから年収を比較「年収ラボ」

年収ラボは、前述した業界動向サーチの姉妹サイトで、
個人の年収についてをまとめたWebサイトです。

nennsyu

>>>http://nensyu-labo.com/

年収については、企業を選ぶ上でかなり重要なポイントになってくると思います。
このWebサイトでは、一般企業だけでなく、公務員のデータまで掲載されていますので、
自分の専門分野を考える上でも、様々な視点から比較が可能で、とても便利なWebサイトです。

春休みに入り、就職活動はますます繁茂期に入って行きますが、
自分の人生を大きく左右する期間でもあるので、業界調査一つも徹底して行ないましょう。