休み目前。2週間の休みでも急激に成長するための3つのヒント

NAT85_beachnosanset500

年末も近づき、大学生は約2週間の休みが目前ですね。
そんな年末年始ということもあり、遊びの時間を大量にとっている学生も多いのではないでしょうか。

ですが、本当に貴重な休みを遊びばかりに使っていて大丈夫なのでしょうか?
今回は、短い休暇中でも急激に成長をする3つのヒントを紹介したいと思います。

その後の過ごし方に影響のある経験をする

大学生の日常は暇なようで意外と自由はありません。
週4日のみの通学だとしても、残りの休みの日に旅行に行くには短いですよね。

ですが、2週間あれば何ができるでしょうか?

・語学留学
・海外旅行
・海外ボランティア
・短期インターン

ちょっと考えてもこれだけの体験をすることができます。
短期すぎて意味がない、と思う学生もいるかもしれませんが、
家で寝ていた学生と、短期だけど留学、インターンをした学生にはどれほどの差があるでしょうか。

短期での経験ではその場の成長にはつながらないかもしれません。
ですが、その後の生活に大きく影響を与えることがあるかもしれません。
変わるきっかけ、成長するきっかけを求めている学生の方は何かしてみたらいかがでしょうか?

何か目標を持った休みにする

2週間は短いですか?
短いからといって、
何も目標を持たずに休みを過ごすこと、目標を持って休みを過ごすことには差があります。

例えば語学を始めようと思っている学生なら、毎日5時間語学の学習をしたら70時間の学習ができます。
ちなみにドイツ語検定5級は、30時間のドイツ語学習で取得することができるそうです。
通常の大学生が半年をかけて取得するレベルに達する資格を、2週間の学習でとることができるのです。

もしあなたの友人が休みあけに語学の資格取得を目指して休みを過ごしていたことを知った時に、
あなたは後悔をすることはないですか?
後悔するかもしれないと感じた学生は何か目標を持った休みを過ごしてみてください。

何かテーマを持って過ごす

以上の2つでは、休みをかなりストイックに過ごすことになります。笑
ですが、もしストイックな学習や経験はしたくない、でも何か休み前後で変わりたいと思う学生は、
休み期間に何かのテーマを持って過ごして下さい。

たとえば、このようなテーマを設定してみてはいかがですか?
・この休み期間には、本を5冊読む
・いつもとは違う選択肢を持って生活をする
・毎日新しいことに挑戦する
・行ったことのない場所に行く
・いつも使う道は使わない

こういうテーマを設定して生活をするだけで、生活の中に彩りが出ます。
また、新しい習慣を試してみることで、今までの視点とは違う視点で生活をすることができます。

成長とは、視点の変化、考え方の変化が起こった時に起こりやすいものです。
自分がいままでできなかったことができるようになること、知らなかったものを知るようになること、
そんな機会を過ごし方一つで得られるようになるのではないでしょうか。

休み期間中に少しでも周りとの差を広げたい。
今までよりも成長したいという学生はぜひ試してみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

OSAWA

ウェブ好き。マーケティング好きのオオサワと申します。現在いけちゃんの元で修行中。他にはSTUDY FOR TWOでもブログ書いたり、ECシステムの会社でインターンなどやっております。大学2年の視点で、就活について書いていきます。