「夏休み短期留学!」 圧倒的に成長できるインドIT留学のすすめ

インドIT留学

みなさん、既に夏休みの予定は決まっていますか?
遊びやバイトで2ヶ月を過ごすのも良いと思いますが、もし人よりも高い目標を持っているのであれば、夏休みにどれだけ成長できるかは非常に大きな差別化のポイントだと思います。

最近はフィリピン留学など海外への短期留学を検討されている方が非常に増えていると思いますが、その中でも圧倒的に成長できる新たな選択肢としておすすめしたいのが「インドIT留学」です。

そもそもインドIT留学とは何かと言うと、「インドのシリコンバレーと言われるITとベンチャーの都市バンガロールでプログラミングと英語を学ぶ、月13万円からの格安インド留学」のことです。

インドIT留学.com ー インドのシリコンバレーでプログラミングと英語を学ぶ格安インド留学

インドIT留学をご存知の方は少ないと思いますが、意識の高い学生や起業家志望の学生の間で徐々に話題になっています。

今回は、大学生におすすめしたいインドIT留学の5つのメリットを紹介します。

image003

①ITと英語が両方学べる!

これまで海外留学と言えばほとんどは英語留学がメインでしたが、英語だけを学んでも既に英語ができる人材は溢れており、英語は持っていて当たり前のスキルになりつつあります。
ですが、英語と同じくらい重要で、しかしまだできる人が限られているのが「ITスキル」です。

著名なコンサルタントの大前研一氏も、これからのビジネスパーソンに必須のスキルとして「英語」「IT」「財務(会計)」を挙げている通り、もはやこれからの時代は英語のスキルだけでは不十分で、プラスアルファのスキルとしてITや会計のスキルも身に付けておく必要があります。

インドIT留学では、ITの授業と英語の需要を並行して受講することができ、ITの授業も英語で行われるため、常に英語を学びながらITのスキルも身に付けることができます。
ITの授業も英語で行われるため、少しハードルが高く感じますが、英語で何かを学ぶ力はこれからの時代において非常に重要だと思います。
また、ITのコースは「プログラミング基礎コース(1ヶ月)」や「Webサイト構築基礎コース(1ヶ月)」など、ITの基礎的な内容を学習するコースが用意されていますので、実際はそこまで高いハードルではないようです。

【授業動画付き】インドIT留学の気になる授業に潜入!

②価格はフィリピン留学と同じ!

インドIT留学の大きなメリットの一つは、インドIT留学の価格がフィリピン留学の価格とほとんど変わらないことだと思います。

例えば、「プログラミング基礎コース(1ヶ月)」や「Webサイト構築基礎コース(1ヶ月)」などの1ヶ月のコースの場合、授業料は約16万円で、往復航空券や家賃・生活費等全ての費用を含めても合計28万円程度でITと英語が学べます。
(※ITのみのコース(英語の授業なしのコース)なら3万円安くなります。)

フィリピン留学とほぼ同じ価格で、英語に加えITも学べるなら、インドIT留学も有力な選択肢の1つとして検討してみても良いのではないでしょうか。

インドIT留学 コース・料金一覧

③インドでタフさが身に付く!

留学先のバンガロールは、インドのシリコンバレーと言われるほどITやベンチャーの盛んな場所なので、外国人も多く発展しており治安も良いですが、インドは単一民族の日本と違い、多民族他宗教国家なので、毎日の生活が驚きと発見の連続です。

特に、全員がネゴシエーター(交渉人)と言われるほどインド人は交渉や議論を好むので、インド人と日々コミュニケーションを取ることで精神的な成長やタフさを身に付けられるでしょう。

そして、その経験やタフさこそ、今企業から求められている素質の一つであると言えます。

④今後世界の中心になるインドで人脈ができる!

インドは人材輩出大国としての一面があり、現在アメリカの科学者の12%、医師の38%、NASAの科学者の36%がインド人であり、米マイクロソフトの従業員の34%、IBMの従業員の28%、インテルの17%、ゼロックスの13%がインド人であるという調査結果(2008年時点)があります。
シリコンバレーの起業家も4人に1人はインド人だと言われています。
実際、インドIT留学でITを教えてくれる先生も、日本のトッププログラマーレベルの実力があり、非常に優秀な人材です。

さらに、インドは2050年までにGDPで世界TOP3に入ると複数の調査機関(ゴールドマンサックス、シティバンク等)が予測しており、インド市場の潜在性も計り知れないものがあります。

このように、インドは21世紀において人材・市場共に世界をリードしていく超大国になると予想されており、そこで培った人脈は将来色々な形で活きてくるのではないでしょうか。
また、インドには中東やアフリカからの留学生も多く、日本やフィリピンでは会えないような人たちと知り合えるのも魅力だと思います。

⑤就活で圧倒的に差別化できる!

就活に限らずですが、インドIT留学で上記のようにITや英語を学んだ経験、インド人と交渉した経験、インド人の人脈を持っている人は日本ではまだほとんどいないため、それだけで圧倒的な差別化になります。

あなたが企業の人事の人だとして、フィリピンで英語を学んできた学生と、インドでITと英語を学び、インド人と日々交渉し、将来世界一の市場になるインドでネットワークを築いてきた学生、どちらが魅力的に映るでしょうか?

インタビュー記事「今、企業が求める人材とは!?」

インドIT留学についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
英語ができることが当たり前になりつつある今、英語だけでなく英語で何かを学ぶ留学が主流になりつつあるのかもしれません。

ぜひこの機会に、次世代の留学であるインドIT留学を詳しく知るキッカケにしてみて下さい!

※インドIT留学の授業風景や授業内容が見れるFacebookグループはこちら

インドIT留学.com ー インドのシリコンバレーでプログラミングと英語を学ぶ格安インド留学

india0430