大学3年生になるまでに長期インターンをしたほうがいい4つの理由

スライド1

来年からの就活に向けて今の間から何かに挑戦しておきたい。
このままの大学生活を送って社会人になるのが不安。

口にはしなくても、心の中で自分の将来に危機感を持っている人は多いと思います。

そんな漠然とした危機感を払拭するのに、「長期インターン」はおすすめです。
学生の間から社会人に混ざって仕事ができる貴重な機会で、実際に働くことで多くの学びがあります。

しかし長期インターンは時間もたくさんかける必要がありますし、
実際に挑戦するにあたって不安を感じる人も多いと思います。
学校との両立、お金、スキル、人によって悩みはそれぞれです。

(そこで今回はそんな迷いや悩みを持つ1、2年生に向けて、)
長期インターンをしたほうがいい理由を紹介します。

長期インターンは大学生活を充実させてくれる

長期インターンは1〜4年生、だれでも挑戦しますし、3,4年生で参加する人も多いです。
しかし3、4年生は口を揃えて、1、2年生の間から行動をしておけば良かったと言います。

それは、長期インターンに参加することで、アルバイトとも、正社員とも違う、
学生と社会の中間ぐらいの立ち位置を経験することができます。

その立ち位置を経験すると、一つ上のステージから自分の大学生活を見直す事ができ、
自分の見ることができる世界がとても広がるからです。

大学の授業にしても、アルバイト、サークル活動にしても、
いい意味で見え方が変わるため、その立ち位置を早いうちに経験しておくと、
その後の生活の充実度が大きく変わるのです。

社会人の感覚と学生の感覚は大きく違います。
社会人は時間、お金、成長など一つ一つの事に対する意識がとても高いのですが、
学生にはそのような意識に触れる機会は多くはありません。

インターン生活を経験し、そのような感覚を学生の内から身につけておく事で、
学生生活を周りの誰よりも充実させる事ができるようになります。

サークルやアルバイトができなくなる不安もあると思いますが、
インターンを経験する事で時間の使い方が上手くなり、むしろ時間が余る状態まで成長できます。

時間に対して意識が高くなることで、1日をより濃くすることができます。
1日が充実すれば自分も成長でき、選択肢もどんどん増えていきます。

隣の学生よりも濃い時間を送り、日々の成長の幅を大きくしてみませんか?

学校との両立が成長につながる

長期インターンをするうえで、最大の不安になることが学校と両立ができるかどうかということ。
特に1、2年生の間は必修の授業や、単位に出席が関係する授業が多いため、
どうしても時間に制限ができてしまいます。

もちろん、できるだけ多く出社できるに越した事はありませんが、
長期インターンではそのような点にも配慮がありますので、そこまで心配する必要もないと思います。

大切な事は自分のできる範囲で無理なく長期インターンをする事です。

たしかに、両立をすることでどっちつかずな状態になり、
何もかも中途半端になることは怖いかもしれません。

しかし社会は学校とは違い、会社という一つのチームで戦う場所です。
困っている時は社員さんが必ず助けてくれます。

長期インターンとなると敷居が高く、なんでも完璧にできて、
仕事も一人で全部やらなきゃいけないと思っている人もいますが、
最低限のルールを守ることで、あまり出社しないでも長期インターンに打ち込む事はできます。

大事なのは100点をとることではなく、安定して80点をとろうとすることです。

人から見れば中途半端に感じられるかもしれませんが、
一つ一つ丁寧に行動する事は必ず自分の成長に繋がります。

逆に休学する事で自分に逃げ道を作ってしまうと、
それを理由に自分に甘えが出てしまう事があります。

インターンを全力でやるために、大学の単位を犠牲にするのではなく、
どうすれば今の状態のままインターンをすることができるのかを考えましょう。

仕事にしても、学校にしても最初から無理と決めつけず、
「どうすればできるのか」を考えることで自分を成長させられます。

自分のやりたい事がみえてくる

就活の時期になって一番苦しむのが「自己分析」です。
しかし自己分析はいくら考えたって答えは出ません。

「自己分析」は行動と経験が先にあり、その後に自分のやりたい事が明確になります。

仕事をやった事もないのに、イメージだけでやりたいことを考えていても、
やってみたらイメージと違っていて楽しくない、ということにもなりかねません。

そういう意味でも長期インターンで学生の間に仕事に挑戦して、
そこから自分の興味や関心、自分に合いそうな仕事を探す事はとても役に立ちます。
また、やりたいことが明確になれば、次のアクションも自然と決まるので、
目標達成に向けて残りの大学生活をめいっぱい使うことができます。

人生で一番時間があると言われる大学生の期間を最大限有効に使う為にも、
長期インターンをして自分のやりたい事をぼんやりとでも見つける事はいいと思います。

早期の内定獲得に繋がる

一般的に長期インターンの受け入れ先となる企業の多くはベンチャー企業です。
ベンチャー企業では内定に関しての取り決めが大手企業とは違います。

そのためインターンで優秀な成績を残した場合、
1、2年生であっても早期の内定をもらう事ができます。
また人によっては4年生で大学と両立しながら正社員になる人もいます。

内定をもらう事を目的に長期インターンをする事はまれなケースですが、
内定をもらう事ができれば、余裕をもって就活にも望めます。

内定があれば大学生活で留学、サークル、ボランティア、勉強、
なんでも好きな事に時間を最大限使う事ができます。

それに内定をもらえなかったとしてもインターンとしての経歴や、
仕事をする中でできた社会人との繋がりは就活で最大限活かされますので、
将来への不安はかなり小さくなると思います。

長期インターンは大学生活の中で一つの選択肢に過ぎませんが、
興味があるなら、迷わずに挑戦してみるのが一番です。
不安もたくさんあると思いますが、それを考えてしまったらキリがありませんので、
どうすれば自分の大学生活をより良いものにできるのかを考えましょう。

学生団体へのススメでインターン紹介や相談などをすることも可能ですので、
興味があるという学生の方はTwitterやFacebook、問合せからご連絡頂けたらと思います。

Twitter:@gaku_susume
Facebook:学生団体へのススメ