インターン合格の鍵は”行きたい気持ち”。大学生活を通して学んだ経験の大事さ(from 成城大学 多田野魁さん)

はじめまして。学生団体へのススメ運営の山口です。
これから就活本番の学生や来年の就活生に対してノウハウや経験を残していこうということで、インターンシップ経験談の取材をすることにしました。

1人目は熱い宿泊型インターンが有名なマルハンのインターンシップ経験者の多田野さん。
インターンシップでの経験だけでなく、どういった経緯でインターンシップを受けたのか、大学生活を振り返りつつ話していただきました。

名前:多田野魁さん
大学:成城大学

子どもが様々なスポーツ体験をできる場を作りたかった

ー大学1~2年時はどんなことをしていましたか?

大学1年のときは特に何もしていなくてごく普通の大学生でした。
ターニングポイントは、起業に興味ある学生が集まるサークルのような場があり、そのなかで視点が高く刺激的な学生と出会えたことです。当時は長期インターンなんて考えもしませんでしたが、そういった場に行くことで自分より一歩先に進んでいる学生と出会えたことはとても価値があったと思います。

そのときに、友人とやろうとしていたことがあり、それが「子どもが様々なスポーツ体験をできる場を作ること」でした。
今の子どもたちは公園でボール遊びをすることを禁止されていることもあり、そもそも公園自体も多くありません。また、子どもが挑戦できるスポーツとなると、サッカーや野球など有名なスポーツが多くなりがちですが、世の中には様々なスポーツがあり、サッカーは苦手だけど剣道は好き、という子どもはいるはずです。
一緒にやっていた友人がそのケースで、サッカーは合わなかったのですが高校でフェンシングを始めたところ全国大会出場までいくことができました。「もし小学校のときから始めていればプロにもなれたかも」というのは結果論ですが、早い段階で様々な選択肢に触れることは将来にプラスになると思い、この事業をやろうと思いました。

事業を成功させるには経験は大事

ー面白そうな事業ですが、その後どうなったのでしょうか?

事業として話を進めていったのですが「信頼性が低く子どもを預けるには不安」「営利目的で行うとなると場所の手配が難しい」などいくつかの壁にぶつかりました。非営利目的でやることも考えたのですが、どちらにせよ事業を進めることに難しさがあり、この事業はいったん中断しました。

そのときに感じたことのひとつが「経験」の大事さでした。
経験やスキルがあれば事業をより成功に導けたはずですし、まだまだやれることはたくさんあったと思います。

スキルアップのためにインターンシップに挑戦

ーインターンシップとの出会いはなんでしたか?

話はさかのぼるのですが、周囲で長期インターンに取り組む学生が多くいることで、長期インターンに対してはとても興味がありました。実際に長期インターンをやろうと応募したのですが結果はあえなく不採用が続き、その頃に短期インターンの話を友人から聞きました。
元々、短期インターンは頭に入れていなかったのですが、友人の話を聞いて調べてみたところ面白そうなインターンも多くあり、短期インターンを受けることにしました。それが大学3年の春でした。

そのなかで2社ほどのインターンシップに合格することができ、インターンシップに実際に参加させていただきました。

インターンシップ合格の鍵は「参加したい気持ち」

ーどうしてインターンシップに合格することができたと思いますか?

合格したインターンシップで共通してあったのが「本気で参加したい」という気持ちの大きさでした。
もちろん他の企業のインターンシップに参加したくなかったわけではないのですが、一番かというとそうではないのかその気持ちの弱さは少なからず態度に出てしまっていたのかもしれません。受かった企業のときには、本気で参加したいからこそ、グループワークや面接でも積極的な姿勢で取り組み、自分をさらけ出すことができたと思います。

もちろん企業との相性や自分自身のスキル力も関係してくると思います。
参加したい気持ちが強い場合でも不合格だったことはありますが、その原因を考えると自分自身のスキル不足だと感じる部分もありますし、自分の長所として論理的思考よりも、コミュニケーションやチームワークのほうが強いタイプだったので、そういった点を重視する企業のほうが相性が良かったです。

人との関係で大事なのは長さではなくて密度

ー参加したマルハンのインターンシップはどうでしたか?

3泊4日の宿泊型インターンシップだったのですが、本当に密度が濃く刺激的でした。
このままだとまずいと感じ、自主的に朝4時起きで活動を開始したのですが、一緒に頑張る仲間がいれば早起きもできるんだなと実感しました笑。

また、人との関係性においてどの程度付き合っているか、は大事だと感じたのですが、そうではないことに気付かされました。
たとえ短い期間でも本気で向き合うことで、その関係性は数年間一緒にいる友人と変わらないほどになったと思います。

また、マルハンの社員のかたもとても魅力的で、多くのことを学ばせてくれました。

行動しないとやりたいことは見つからない。

ー最後に、これから就活を行う学生に向けてメッセージをお願いします。

いろいろな人に会うこと、足を運ぶこと、は本当に大事です。
行動してみないとやりたいことは見つかりませんし、もしやりたいことが見つからないと思っている人にはまずは行動してもらいたいです。

もちろんただ行動してもあまり意味はありません。目的意識を持って行動することでより有意義な時間になるので、合同説明会であれば「10社回ろう」「自分と相性が良い企業を見つけるまで探そう」など目標を定めて積極的に動くといいと思います。

また、インターンシップはとても刺激的な環境ですし、高校の部活感覚で、その刺激を求めてやってみるのも良いと思います。刺激や本気度が物足りないと感じている学生にとって、インターンシップはとても最適な環境だと思いますので、時間が空いていてなにかしたいと思っている学生は挑戦してみて損はないはずです。

ぜひ大学生活を有意義な時間にしてください!