長期インターンをする企業は何を基準に選べば良い?インターンの企業選びで意識したいポイント

4372d8e3616aca2418bbe199abf66aa5_s

この時期は年度が変わるということもあり、
就活や将来の仕事を考えて、長期インターンに挑戦する学生が多くなります。

しかし長期インターンを始めるにあたって、
何を基準にインターン先を選べば良いかは誰もが困ることです。
長期間仕事をするのに自分と合わない企業を選ぶことは誰もが避けたいと思います。

そこで今回は長期インターンを始めるにあたって、
何を基準にインターン先を選べば良いのか、その基準を紹介します。

インターンをする目的を明確にしよう

今回はインターン先の選び方を大きく2つに分けて紹介します。

  • その企業の雰囲気や働いている人で選ぶ
  • 事業内容や仕事の内容から選ぶ

インターン先を選ぶにあたってはこの2つの選び方のうち、
どちらかひとつを重視するのがおすすめです。

企業の雰囲気や働いている人で選ぶ

インターンを始めるきっかけが就活に対する不安であったり、
先輩から薦められたなどの理由の場合ですと、
自分の中でどんな仕事をしてみたいのかは曖昧なことが多いはずです。

その際に企業選びの基準にしてほしいのが、
その企業の雰囲気や、そこで働いている人と自分の相性です。

  • 明るい雰囲気でガンガン営業をするような企業
  • 落ち着いた雰囲気でデスクワークの多い企業
  • 少数でルールなどにはあまり厳しくない企業

そこで働いている人によって企業の雰囲気は様々です。
自分と相性の悪い雰囲気の企業を選んでしまうと、
いくら仕事で結果を残せても、段々精神的に辛くなってきます。

相性が良い企業であれば自分の成長も早くなり、
仕事で結果も残しやすくなります。

もしこのように企業の雰囲気で選ぼうと考えている場合は、
ネットで社長のインタビュー記事を読んでみたりするなど、
そこで働いている人の様子が分かる情報を探しましょう。

その会社が講演などを行なっているのであれば、
それに参加して直接社員さんから話を聞いてみるのもひとつの手です。

自分を成長させるうえで環境は非常に大事な要素です。
もしやりたいことが不明確なのであれば、まずは様々な企業を調べ、
自分に合うかどうかを考えたうえで、インターン先を選びましょう。

事業内容や仕事の内容から選ぶ

自分のやりたいことが明確なケースでは、
企業の事業内容や仕事の内容で選ぶことをおすすめします。

長期インターンの良いところは実践的に
自分のスキルアップを行なえる点にあります。

社会人になる前に営業スキルを身につけたい、
プログラミングのスキルを学びたいなど、
自信のスキルアップを考えているのであれば
企業の雰囲気よりも事業内容を重視するようにしましょう。

ただ事業内容を重視しすぎると、一緒に働く人との相性が悪く、
結果的にほとんど仕事を任せてもらえないリスクも高くなります。

また事業内容が自分のスキルアップの目的に一致しているからといって、
必ずしも自分の希望する仕事を任せてもらえるとは限りません。
自信のスキルアップを行なうまでに、場合によっては、
それとは関係しない仕事を行なうことも多くあります。

事業内容で企業を選ぶ場合には、実際に任せてもらえる仕事まで、
確認をしたうえで、その企業を志望するようにしましょう。

AirIntern | いろんな仕事をのぞいてみよう。

airintern

AirIntern

最近は社会の中で長期インターンの存在が徐々に浸透し始めてきました。
それに伴ってインターンを紹介するメディアもバリュエーションが増え始めています。

今回は最近リリースされたメディアで、
企業の内側を深く見れるメディアを紹介します。

このメディアでは長期インターンの紹介を行なっているのですが、
紹介を行なうにあたって、企業内の様子を動画で紹介したり、
社員のインタビューを掲載するなどしています。

企業の内側が非常に見やすくなっているメディアであり、
インターン先の企業を選ぶうえで参考になる情報が多く詰まっています。

紹介されている企業も優良なベンチャー企業が多くありますので、
ぜひ一度企業について調べるうえで参考にしてみて下さい!