企業の裏側が分かる?!就活生が知っておくべきIR情報を見るときのポイント

ThinkstockPhotos-453216707
就活生の皆さんは、「IR情報」または「IR資料」を見たことがありますか?
多くの就活生はIR情報は難しいことばかりが書いてあると思い、就活では活用しない方がほとんどだと思います。

しかし就職活動では、業界研究や企業研究を多くの就活生が行います。
その企業研究のときに、会社のIR情報を見るのをおすすめします。

上場企業は、必ずIR情報をホームページなどに掲載しているため大手の企業を受ける就活生の方は、ぜひIR情報の見方を覚えておきましょう。

IR情報を見ることで、その企業の裏側が分かり、実際に会社を受ける前に就活に有利になることがたくさん書いてあります。

そもそも「IR情報」とは?

「IR情報」のIRとは、Investor Relations(インベスター・リレーションズ)の略で投資家に対して経営や財務などその会社状況や、業績動向に関する情報を発信する広報活動のことです。

IR情報には難しいことばかり書いてあると思われがちですが、会社説明会では知ることができないような、客観的な情報が載せられていて、IR情報から会社の現状を知ることも、今後の戦略なども把握することができます。

また実際には業界に詳しくない人でも分かるように書かれていることが多く、見方を覚えれば学生でも簡単にどのようなことが書いてあるのか分かります。

IR情報を見る際の項目・ポイント

就活生がまず見るべきIR情報の項目をまとめてみました。
どの項目も、就活では大いに活用できるので参考にしてみてください。

売上高
⇒売り上げとは、商品・サービスを販売することによって得る代金の総額のことです。
直近の売上や利益を棒グラフなどで分かりやすく見ることができます。
(なんで売り上げ書くの?どれだけ世の中に価値を与えているか)

営業利益・経常利益
⇒企業が経常的・反復的に生じる利益のことをいいます。
つまり、売り上げから本業にかかったコストを差し引いたのが営業利益であり、この営業利益に財務活動などの本業以外の損益を加えたのが経常利益です。
会社の事業ごとに数字が出ているのであれば、成長中の事業や、成長が落ち込んでいる事業もチェックしておきましょう。
(たとえを挙げる、実際の企業で)

事業ごとの好調または、不調な要因
⇒好調または、不調になっている事業の原因を企業はどのように捉えているかをチェックしましょう。
不調になっている場合、企業がどのような戦略を取ろうとしているのか見るのも大切です。

経営方針
⇒就活での志望動機を考える上で、その会社の経営方針をしっかり把握しておくことは大切です。
多くの企業のIR情報には今後の企業の経営方針、例えばどのような事業に注力していくのか、海外展開を強めるなどが書かれています。

IR情報で企業の裏側がわかる?!

就活での説明会やパンフレットでは、その会社の表面的な情報、つまり会社の良い部分しか学生に見せようとしません。
しかし、IR情報は企業の経営、財務状況を投資家に嘘偽りなく伝える必要があるため、客観的な情報が多く載せられています。

企業がなぜ不調なのか、その原因を企業がどのように捉えているか、わざわざ会社の説明会では説明されることは滅多にないと思います。
また、他社とのIR情報を比較することで、より理解を深めることができ企業研究に必ず役立ちます。

就活生の多くが企業研究の際に、IR情報を活用している方は少ないので、会社のIR情報をしっかり見て他の就活生に一歩リードして就職活動を進めていきましょう。