就活はすでに始まっている!就活に向けてすべきこととは?

就活

こんにちは、ひらっちです!
今回は徐々に始まりつつある就活に向けて、就活を控えた学生が何をすべきか書いていきたいと思います。

①就活で必要な「経験」について

企業研究の意味合いが強いですが、企業の短期インターンシップに参加することは企業の内側を知ることができるという点で今後の就活に役立ちます。
また、企業によっては単なる就業体験ではなく、ビジネススキル、マインドを磨くインターンシップカリキュラムを提供しているところもありますので、成長の機会と捉えて積極的に参加してみましょう。

また、インターンシップといえばベンチャー企業などを中心に行われる長期インターンシップというものがあります。
最近ではアルバイトではなく長期インターンシップに参加する学生が多くいるように思います。
そして就活を目前に控え、「大学生活の中で胸を張って語れることがない」「面接で話すネタがない」と、話すエピソードを増やすためだけに慌てて長期のインターンシップに参加する人もちらほらいるようです。

しかしこれはあまり就活に有利に働くことはないでしょう。
なぜなら、企業は学生の経験そのものよりも、その経験を通じて何を得たか(成し遂げたか)、どんな思考、行動特性を持っているのかをチェックしているからです。

極端な話、「就活でアピールしたのはアルバイトの経験だけ」という人でも難関企業に内定していますし、逆にいくらインターンシップを経験していてもなかなか就活がうまくいかないという人も沢山います。

冷静になって考えてみて下さい。
アルバイトであっても長く続け、常に自分の頭で考え試行錯誤しながら取り組んできた人と、就活のネタ作りのために長期インターンシップに参加し自分を大きく見せようとする人。

企業はどちらの人を採用したいと思うでしょうか?

②自分と相手の研究

就活は恋愛と同じであるとよく言われます。

「相手の好みのタイプはどんな人か、自分はそのタイプか=企業が採用したいのはどんな人か、自分はそれに当てはまっているか」「なぜ他の人ではなくその人を好きなのか=なぜ他社ではなくその企業に入りたいのか」を正確に把握していればいるほど、良い結果に結びつきやすいのです。

これを就活では自己分析と企業研究といいますね。
これらを深いレベルでできていれば、いわゆる「ESの添削」や「面接の練習」も最小限で済みます。
しっかりと本質を捉えていれば、自然と書く文章や面接での話しぶりに自信が漲ってくるからです。

企業側も何千、何万という学生を見てきているので、テクニック武装した学生か、本心から言葉を紡ぎだしている学生かはすぐにわかるものです。
ぜひ後者になれるよう、じっくりと時間をかけて準備していきましょう。

以上、ひらっちでした!

ABOUTこの記事をかいた人

平塚 啓太

立教大学 経営学部 国際経営学科3年 8月からアメリカ・ケンタッキーに留学 趣味は読書、カフェ巡り、史料館巡り、プロレス観戦など。 関心分野は哲学と社会学で、最近は人間関係の作り方に興味があります。 好きな女性のタイプは年上でサバサバした人です。 Twitter→@mad_rampage