「就活塾」と一言で言っても色々あるらしいのでいくつか調べてみた。

就活塾

 

こんにちは、ひらっち(@mad_rampage )です!
3月に入り、大学三年生の人たちにとってはいよいよ就職活動が本格化し始めた重要な時期かと思います。
今のところ順調なスタートダッシュを切ることが出来ている人もいれば、そうでない人もいるでしょう。

そこで今回は、そんな就活生の皆さんをサポートしてくれる「就活塾」というものについて調べてみました。
ただ、決して就活塾に通うことを推奨しているのではなく、あくまで就活を乗り切る一つの手段として紹介していくので、「自分には必要か必要でないか」を見極めて活用するかどうか決めていただければと思います。

就活塾って?

そもそも「就活塾」というものがどういったものかご存知でしょうか?
就活塾というのは、”就職活動中の学生に対して、自己分析の指導から面接の指導まで就職活動に関する様々なサポートをしてくれる塾”のことです。

受験の時に通う塾、予備校のような存在ですね。
就活塾の平均的な相場は15万円〜20万円程度と言われており、大学生にとっては決して安くはない金額です。
また、中には勧誘が強引であったり指導内容に問題がある、いわゆる”悪徳業者”も存在するため、就活塾に通うことを検討する際は信頼できるところかどうかを見極めることが重要です。

そして冒頭でも述べましたが、前提として就活塾が必要かどうかは人によりけりです。
自分の能力や経験に自信があり、就職活動にもあまり不安を感じていない人にとっては就活塾に通うメリットはあまりないと思いますし、反対に何か拭いきれない不安がある人には就職活動の助けになるかもしれません。

例えばこんな就活塾があるらしい

就活塾がどのようなものか簡単に概要を掴んだところで、実際にどのような就活塾があるのか参考までにいくつか見てみましょう。

・「就活コーチ
代表自身が採用や人材育成に長年携わってきた人物であり、多彩な指導メニューを取り揃えている就活塾です。
通常のメニューに加えて、人気企業に的を絞った講座、特定のスキルを向上させる講座などを開講しているようです。

・「城南就活塾
大学受験の予備校として知られる「城南予備校」を運営する城南進研グループが手掛けている就活塾です。
就職活動全般をサポートするカリキュラムに加え、内定満足保証といった特典を用意しているなど手厚いサポートをウリにしています。

・「我究館
数ある就活塾の中でも特に実績、知名度が高いのが我究館です。
就活生のバイブルとしても知られる「絶対内定」シリーズを毎年出版するなど、就活生の間では有名な就活塾ではないでしょうか。
また、OB・OGたちとのネットワークが強く、我究館を卒業した社会人と現役塾生との交流機会が多く設けられているなどの特徴もあります。

就活塾と一言でいっても、それぞれ違った特徴があるようですね。
就活塾が自分に必要なのか、必要だとすればどこの就活塾が自分に合っているのか、この記事を参考に考えてみて下さい。
以上、ひらっちでした!

ABOUTこの記事をかいた人

平塚 啓太

立教大学 経営学部 国際経営学科3年 8月からアメリカ・ケンタッキーに留学 趣味は読書、カフェ巡り、史料館巡り、プロレス観戦など。 関心分野は哲学と社会学で、最近は人間関係の作り方に興味があります。 好きな女性のタイプは年上でサバサバした人です。 Twitter→@mad_rampage