やることがない大学生は海外行けば?海外武者修行のススメ

kaigai

時間はあるけどやることがないという大学生は、意外と多いのではないでしょうか。
せっかくの大学生活です。人生を考えてもこれだけ時間があるという期間はありません。やることがないなんてことを言っている場合ではありませんよ。

「時間を無駄遣いすることは、お金の無駄遣い」

やることがなくて嘆いている大学生のみなさんへ言いたいのは、「海外行けば?」ということです。
今回はそんな海外に関するプログラムの中でもおすすめの大学生向け実績No.1海外インターンシッププログラムを紹介します。

単なるイベントやビジコンとは違う

海外ビジネス武者修行プログラムは、国内で開かれているような単なるイベントやビジコンとは違います。一般的なビジネスコンテストであれば、ビジネスアイデアの優劣を競って終了です。

しかし、海外ビジネス武者修行プログラムでは、新規事業を実際に自分の手で利益が出るところまでやります。
また、実際にあるレストランやカフェなどの店舗を舞台として、プログラムは実施されます。

教科書に書いてあることをちゃんとやればうまくいく、大学の勉強と海外武者修行では全く違います。教科書通りには行かない本物のビジネスを、まさに身をもって体感することができます。これをイベントやビジコンというくくりで片付けるには、さすがに無理があるでしょう。

本当の「仲間」はいますか?

あなたは、本当の「仲間」と呼べる人が何人いますか?

海外ビジネス武者修行プログラムでは、実際のビジネスに対してチーム一丸となって取り組むからこそ、深い話をお互いにできるような本当の「仲間」を得ることができます。
プログラムを受けている間だけの関係性ではなく、終了後も互いに連絡を取り合い切磋琢磨しあうほどの強い関係が生まれます。

本当の仲間との関係は、プログラム中はもちろんのこと、プログラム終了後もあなたを助けてくれるはずです。
また、縦の関係もあるので、以前のプログラム参加者とも交流を深めることもできます。

超実践的な英語が身につく

海外ビジネス武者修行プログラムの舞台は「ベトナム」です。当然ですが、日本語は通じません。
そんななかでビジネスを0から立ち上げるためには、英語を話すことが必要不可欠です。

自分の英語力のピークが大学受験期?外国人と英語で話したことがない?…そんな方は今後生き残っていくことはできないでしょう。

グローバル化が止まらない現代において、英語を話せないというのは想像以上に不利です。
単なる留学ではなく、ビジネスを通じて英語を学ぶことで英語力を引き伸ばすことができるほか、英語を使ったコミュニケーションの面白さに気づくこともできます。

自分を変えたい人はいますぐチェック!

「やることがない」という状況にいるのは、はっきりいって時間の無駄です。なんとかしないといけないと思っていないのであれば、ちょっとヤバイです。

でも、どうしたらよいのかわからないという気持ちもわかります。
国内のイベントやビジネスコンテストに参加してみますか?それよりも、もう一つ先を見てみるのはいかがでしょうか。

日本を飛び越して海外で、ビジネスを1から立ち上げる経験を積める「海外ビジネス武者修行プログラム」をチェックしてみてはいかがでしょうか。