学生証でデータを記録して健康管理! 神奈川工科大学が『KAITからだカルテ』の機能を学生証に追加

大学生になることで起こる一番の変化は、生活のリズムだと思います。

高校のころは部活をやっていたり、授業は必ず朝早くからある、
深夜のバイトもできないし、それほど長距離の定期も持たない。

運動もしないで不健康な生活をしていては太る
とジム等に通う学生も少なくはないと思います。

そんな学生を気遣ってか、
神奈川工科大学がおもしろい取り組みをしています。

学生証をかざすだけ、簡単に体重体脂肪などの記録ができる

201308082

画像ではおデブちゃんが学生証でデータを管理、その後のプランなどを決めて
食事管理までし、最終的にはむきむきになる
、というサイクルを描いていますが、

このサイクルが可能なのは、
モバイル学生証をかざすだけで、

・体重・体脂肪率・筋肉量・BMI・アスリート指数
など、約15項目を記録することができるからです。

これはタニタ食堂で有名な、タニタが販売しているサービス『KAITからだカルテ』なんですが、
このデータで食育に関する改善も行うことができるそうなんです。

食事制限にも役立つというのがいいですよね。

他にも学習や出席管理もできるモバイル学生証

他にもこのモバイル学生証では、
・図書館など大学施設の入館証
・学内でのクレジット機能
・大学周辺のお店などのクーポン
・学内ナビ

など様々な用途があり、現在拡大中だとか。

個人的には、学生証で健康管理ができるのは魅力的です。
大学になり怠惰な生活をしているため、健康にはかなり自信がないのですが、
自らデータ管理などをするのも少しめんどくさいですからね。

大学でジムに行った時とかについでにデータ管理、
それくらいの気軽さがいいんだと思います。

機能の追加はいろいろ出来そうですし、自分の大学も導入しないかどうか、
期待ですね!

プレスリリースCSEより)