あなたの敬語は間違っている?よく間違える敬語の使い方5選

敬語

ビジネスマナーの一つとして敬語の使い方はとても大事です。
しかし実際に敬語を正しく使えている人は少ない印象です。

会社は部活やサークルとは異なります。
正しい言葉遣いをしないと、相手からの信頼を失います。

あなたは本当に正しい敬語を使えていますか?

多くの人が間違った使い方をしている「了解しました」 – どう使ってる?より)

了解しましたは丁寧語

よく目上の人に対する返事で使われるのが「了解しました」という言葉です。

しかし「了解しました」は尊敬語かと思いきや、
物事を理解して承諾する意味を持つ「了解」と、
「しました」があわさり丁寧語として使われる言葉です。
つまり目上の人に対して基本的には使ってはいけない言葉になります。

正しい返答の言葉は「かしこまりました」や「承知しました」です。

社会人でも半数以上が使っているとの調査結果が出ているので、
年齢の近い上司には使っても問題なさそうですが、
年の離れた方とのやり取りの際には気をつけるようにしましょう。

相手を誘う時の言葉「来られますか?」は間違い

イベントに登壇をお願いした方に、「当日はどのように会場まで来られますか?」などと、
移動手段を訪ねるシチュエーションなどで多い間違いです。

×当日の移動手段は何を使って来られますか?
○当日の移動手段は何を使っていらっしゃいますか?

上記のように、正しい使用法は「いらっしゃいますか」です。

メールなどでやり取りしている場合は、これらの敬語が文章として残りますので、
最新の注意を払うように気をつけましょう。

「ご苦労様」は目上の人から目下の人へ使う言葉

帰り際に「ご苦労様です」と使う人はとても多いと思います。
しかしこの敬語ですが、正しくは「お疲れ様です」になります。

相手へのねぎらいの言葉として違和感無く使ってしまいそうですが、
上司にねぎらいの言葉をかける時は「お疲れ様です」を使うようにしましょう。

「〜になります」は「成る」という意味の時だけ使う

「こちらが今回のイベントの企画書になります。」

このように自然に使ってしまいがちな「〜になります」という言葉ですが、
「〜でございます」が正しい敬語です。

「〜になります」は変化を表す敬語ですので、
それ以外の場合は「〜でございます」を使いましょう。

「ご利用できます、できません」はお客様の行為だからNG

「こちらの電話をご利用する事ができます。」

この敬語も違和感がないのですが、正しくは
「こちらの電話をご利用になれます」です。

イベントの受付や会場案内の担当の人は、
これらの言葉を正確に覚えておくといいと思います。

言葉は変化するものなので完璧に使いこなすことは難しいとは思います。
しかし、言葉の使い方を一つ間違えただけで、
取引先からの信頼を失いましたなんてことも現実にはあります。

就活生など、これから目上の方とお話をする機会が増える人は、
これを機会にぜひ敬語をもう一度勉強してはいかがでしょうか。