最新の女性のワークライフバランス「キラキラ20時退社」の実態とは

a46032c118507bab5a13092abecf8731_s

ここ数日、様々なニュースやブログで、
「キラキラ20時退社」が頻繁に取り上げられています。

就活生の間ではこの言葉が企業選びの一つの基準になっているそうです。
ワークライフバランスという言葉が流行する今日この頃ではありますが、
今回は「キラキラ20時退社」の意味、賛否両論な意見について紹介したいと思います。

就活女子 「20時退社」が「キラキラ」とこだわり持つ人多数より)

女性が一番憧れるバランスのとれた働き方。「キラキラ20時退社」の実態とは

「キラキラ」とは女性が働く姿が輝いている、充実している感じがする、
そんなロールモデルとなる女性の働き方を表現した言葉です。

一方、「20時」は退勤時間として一番理想的な時間になります。
「21時」だと「ブラック」や働き過ぎのイメージがありますが、
20時であれば、イケテル社会人の合コンや飲み会が始まるゴールデンタイムです。
つまり「20時」はプライベートの充実を暗に意味します。

働く事に対して様々な問題を抱える女子に取って、
ワークライフバランスは死活問題です。

仕事でも活躍したいし、プライベートも充実させたい。
そんな将来に多くの不安を抱える女子大生にとって、
その理想を具現化した言葉、それが「キラキラ20時退社」なのです。

理想を見る女子大生に怒りの声も。「仕事はそんなに甘くない」

「残業はせざるを得ないからするもの。したくてしている訳ではないですね」
「20時に仕事が終わるってよっぽど暇なんでしょうね。全然イケてないです」

「キラキラ20時退社」を求める就活生に対して、このように声を荒げる女性も多くいます。
確かに理想の働き方はあるかもしれないが、現実はそんなに甘くはない。

企業に入ると1年目、2年目は残業があるところがほとんどです。
中には共感する声もちらほら見当たりましたが、
ニュースのコメントへの書き込みの大半は、
「仕事を甘く見ない方がいい」といったものばかり。

最初から企業や、働く事に対してネガティブな印象を持つ必要はないと思いますが、
あまり期待ばかりしていると、入ってから残業に悩まされる事にもなりかねません。
今のうちから自分のライフワークバランスをどうしたいのか、
明確な指標を作っておくといいと思います。

日本社会全体としては女性の仕事を応援。働き方も多様になっているとの声も。

仕事にネガティブな印象ばかり持つ方も多いと思いますが、
逆に仕事に対して、積極的に取り組んで行きたいという声もあります。

DeNAの南場さんを始めとして、トレンダーズの経沢さんや、
フリーランスの安藤美冬さんなど、女性でも上場企業の社長や独立して働くなど、
新しい形でライフワークバランスを実践する女性のロールモデルが増えつつあります。

また米国の調査によると、女性に昇進の機会が平等に用意されている会社では、
会社全体としての「働き方」に対する満足度も高いそうです。
意外⁈女性の昇進を応援しているのは男性の方と判明:米大学調査結果より)

上記以外の女性でも、最近は本当に多くの女性が社会で活躍しています。
ノマドやフリーランスなど、働き方が多様化する中で、
ワークライフバランスに対する社会全体の考え方も変わりつつあります。

社会に入って必ずしも理想通りの働き方を続けて行けるとは思いませんが、
「キラキラ20時退社」という言葉に表されるように、
少しずつ女性の活躍の場が広がってきているのは事実です。

女性が人生をより充実したものにする為にも、
社会全体としてこういった言葉がでてくる事自体は、
案外、社会的に大きな意味があると思います。