リブセンスが運営している採用メディア「LIVSENSE info」から考える新しい採用のカタチ

livsense

最年少上場で去年話題になったリブセンスの採用メディア「LIVSENSE info」の紹介です。

シンプルに見えて、知りたい情報が満載

シンプルなブログのようなデザインですが、中身はしっかりとしていて読み応えもあります。

主なカテゴリーは以下の5つ。

・最近のできごと
・社内制度
・社員紹介
・オフィス紹介
・採用情報

実際に会社のことを知ろうと思ったときに、
これらの情報があればある程度イメージが湧いてくるのかと思います。

その他でいうと、サービス内容や事業内容があるとよいかもしれませんが、
大きな企業であればあるほど知られていたり、大き過ぎて参考にならなかったり。

もちろん会社のことを知る上ではあったほうがいいでしょうが、
「LIVSENSE info」に関しては事業内容やサービスも有名なのでなくていいかもしれませんね。

会社の生の声や姿を伝え続ける

これからは就活ナビサイトを使った一括採用ではなく、
自社サイトやメディアを使った通年採用がもっと伸びてくるでしょう。

リクナビなどのナビサイトには企業情報が溢れ過ぎていて、
どれも似たような格好いい言葉を使い、発信されるのはセミナー情報ばかり。

自社サイトであれば、自分たちが自由に発信することができるため、
好きな時期に好きなことを発信していくことができます。

ナビサイトに比べて集客で困るかもしれませんが、
リクナビに使っていた広告費をメディア運用や集客にあてることで十分に成果は出るはずです。

また、大人数の申込があるものの採用に繋がらないナビサイトより、
少ない申込でも自社サイトの情報をちゃんとチェックしている学生のほうが採用率も高いはず。

どうやって採用メディアをつくれば・・・?

これこそ今後、人事が抱える課題かもしれませんね。
「採用するために自社でメディアをつくろう!」といっても、
そう簡単にできるわけではありませんし、時間も労力もかかるでしょう。

・・・どうやって採用メディアをつくるのがいいか、はまた別の記事で紹介したいと思います。

(詳しくお話をしたい人事のかたがいらっしゃいましたら、
下記プロフィール欄のSNSからご連絡いただければと思います。)