MOTIproject主催!未開の地アフリカへ未来と世界を変える仲間を集めるスタディツアー!

moti

MOTIprojectのアフリカ・タンザニアスタディツアー企画チームです!
2014年春のアフリカスタディーツアーを企画から実現に向けてすべてを大学生で運営しています。
現在そのスタディツアーの参加者を大募集しています!

スタディツアーとは何か?
危険と思われるアフリカまでわざわざ一体何をスタディしにいくのか?

Motiprojectが考えるスタディツアーとは、ボランティア活動、国際交流、観光、
インターン要素、チームビルディング、国際イベント企画など、、
様々な要素を含み行く国の魅力を多方面から学び感じる事の出来る体験型のツアーです。

一番のポイントは大学生が考えた企画が実現するという事です。
出発前から参加者の交流が始まり、勉強会や現地での活動企画など
参加者も主体的となり一つのツアーを組み立てて行く事が出来ます。
実際に2010年からインドのスタディツアーから始まり、
すべて大学生のアイディアで様々な国にチャレンジしてきました。
そこで今年はアフリカの土地へ踏み出す事になりました!

アフリカ=危険、怖い国というイメージを少なからず持っていて、
一人では行動を移しにくいというのが今企画をしているメンバーの意見でした。
でも、すでに全員が各国への渡航を経験している中アフリカだけはまだ未開拓の地であり、
海外渡航経験豊富、留学経験があったとしても、
渡航に対して積極的になれない現実があるという事に気づきました。
アフリカを調べてみるとまだまだ情報が少なくさらに不安が募る現状でした。
だから、私たちは今回安全にサポートしてくれる現地の旅行会社と連携をくみ、
アフリカへ行くきっかけ作りとその仲間で多くの学びを共有したいと想い
今回のスタディツアーを企画しました。

今回のスタディツアーのテーマは、「挑戦×□×発信」です

まずアフリカに行くこと、それ自体が大きな「挑戦」と考えています!
アフリカに憧れがあっても簡単に行ける場所では無いのと、
行きたいと思っても実行に移せる人はもっと少ないと思います。
今回、このツアーに参加することが参加する全員にとっての挑戦になります!

テーマの「□」は参加者一人一人の目標をいれます。
短期間で多くのものに触れるという特色がある今回のツアーで、
一人一人の個性を活かしてこのツアーの中での個人目標をみんなで共有して行きたいと思います。
「発信」はツアーから帰国後、アフリカ・タンザニアで何を見て何を感じてきたのか
を多くの人に発信していきたいと考えています!
そのために帰国後に都内で写真展を開く予定です!

私たちの経験を話す事でアフリカへ行きたいと思っていた人がイメージを変え、
そしてその人たちの心を変え、私たちのように新たに挑戦出来る人たちを増やしたいと考えています。

企画リーダーの想い

今回アフリカ・タンザニアスタディツアー企画リーダーの聖心女子大学2年の塚田です。

私がタンザニアの企画リーダーをしたいと思ったのは、
今年の春参加したMotiprojectのインドスタディツアーがきっかけでした。
人見知りで受け身な性格だったのですが、滞在中の夜は毎日ミーティングで、
滞在中感じた事や将来のビジョンなどを発表していました。

出発前は、人前で話し意見するのが苦手な為、出来るのかどうか不安でいっぱいでした。
ですが本当に毎日が新鮮で楽しくて、自分の事を話すのが楽しくさえなりました。
活動経験や出会いを通して少しづつ積極的になる事ができて、海外へ渡航し国の魅力も、
そして仲間の大切を知り、自分の中でたくさんの事が変化しました。
半年前までリーダーをやるなんて自分で考えた事もありませんでした。

でも、自分を変わるきっかけをくれたスタディツアーにとっても感謝し、
私もそんなスタディツアーを作りたい!他の人にもそんな経験をして欲しい!
と思い今回企画することにしました。

だから是非、少しでも興味のある方は説明会へ来て色々と話を聞いて欲しいと思っています。
この想いに集まった他大学で構成された企画チームでこのスタディツアーの企画を進めています。
ブログやFBを中心にタンザニアについての情報を発信していますので、是非見てみてください!

日程概要

【期間】
2014年2月17日(月)~26日(水)8泊10日

【対象者】
大学生(専門学校生、院生可)

【参加人数】
18名程度(企画者含む)

【費用】
35万円ぐらいを予定(航空券、滞在費 燃油サーチャージ等すべて含む)
※燃油サーチャージはレートの大幅な変更の場合上がる可能性があります。
※現在、現地との交渉中の為、価格の変動がある可能性があります。参考価格としてお考えください。

スケジュール

<日程概要>
2月17日 成田出発 ドーハ乗り継ぎ
2月18日 キリマンジャロ到着 
2月19日 市内観光 中学校訪問、ガンガでオリジナルワンピース製作
2月20日 アルーシャ近郊の村へ訪問。マサイのママ達とタンザニア料理を食べる。
夜はヤギのバーベキューを食べながらマサイ戦士のダンスを見学。
夜はマサイ村にキャンプ!テントで寝袋で。。
シャワーとトイレは無い、大自然の環境でワイルドな一日を過ごします。
2月21日 村の保健所、マサイの伝統祈祷師を訪問
2月22日 人類発祥の地オルドバイ渓谷へ。
ンゴロンゴロ自然保護区にてレンジャーと一緒にクレーター周辺のウォーキングサファリ
2月23日 ンゴロンゴロ自然保護区でゲームドライブ!
2月24日 狩猟民族ハザベの住むエアシ湖へいき、文化交流。
2月25日 キリマンジャロからドーハへ
2月26日 成田到着
※内容は現地の施設の関係で多少変更になる場合があります。

このステディツアーの魅力

1.アフリカの魅力とタンザニアの文化をまるごと体験できる!

マサイ戦士のダンスをみながらヤギのBBQを食べ、
マサイ村にテントでキャンプをする1日があったり、現地の子供達と交流したり、
人類発祥の地へ行ったり、ジープにのってサファリを体験したり、
民族の村で狩猟体験など、イメージもつかないような事を
ツアー全体で楽しみ共有していきたいと思います。

2.他には無い事前の交流と勉強会

海外へ行くにはその国の知識、文化や歴史を勉強して行く事でより現地での学びが深いと考えています。
事前に参加者同士でプレゼンテーションや情報共有を行い知識を深めます
。また、スタディツアーとは関係は無いですが、プロにより話し方講座や自己紹介の仕方、
などキャリアアップ出来るセミナーも開催していきます。
全員がレベルを上げて帰国する事も全体の目的でもあります!

3.現地学生との交流

その国を学ぶ事に一番必要な要素と考えます。ガイドブックに載っていない生の声、
触れ合う事しか感じるの事の出来ない貴重な経験をします。
活動内容は事前に日本で話し合い企画者中心に全員で準備をしていきます。

4.行ったまま終わらせない。

帰国後にはこのスタディツアーの経験を伝える為に写真展を企画をしています。
事前にどんな内容にするかも企画し、滞在中も全員で帰国後の事なども話し合えたら
現地でも目的がしっかりするので、自分の体験や活動をしっかり整理して帰国後発信する事が出来ます。

5.他にはない質の高さ

大学生が運営していますが、プロのスタディツアーのコーディネートをお願いしています。
旅行業界、留学業界などの経験を持ち、大学生のスタディツアーの旅行手配を行っています。
現在までに各国の国を手がけて、スタディツアー参加者は単なる旅行では味わう事の出来ない
大きな学びを提供しています。
ですので、学生が考えた企画を本当に価値のあるツアーにしてもらっているため、
驚く程内容や手配の質が良いです。安全面などすべて考えられています。初海外でも大丈夫です。

詳しくはフェイスブック、ブログにて詳細を書いていますのでそちらへお願いします。

説明会日程

【日時】
第1回 11/12(火) 19:00~
第2回 11/20(水) 19:00~
第3回 11/30(土) 11:00~

【場所】
★代々木上原駅徒歩5分 
MoTI Project オフィスにて

※説明会参加希望の際は下記Facebookページにて情報をご確認ください。
すべての日程に参加できない場合は、できるかぎり個人対応したいと考えていますので、
その際は個別にご対応することができればと思います。

この私たちの企画するスタディーツアーが、
参加者の皆さんの世界へ一歩踏み出すステップアップのきっかけになればと強く思っています。
皆さんの参加を心よりお待ちしています!!

◆アフリカ・タンザニアスタディーツアーのブログ→http://ameblo.jp/africastudytour/
直接のお問合せは専用アドレスへafricastudytour2014@gmail.com 

◆MOTIproject 
Facebookページ: https://www.facebook.com/MotiProject
★スタディツアー企画プロジェクトに参加するメンバーを募集しています。
自分の企画が採用されればmotiprojectは全力で応援し企画を実現します!
※詳しくはFBページにいいね!して情報をGET!