ニートが創る株式会社?!ユニークで斬新すぎる日本の株式会社4選

驚き

日本で大きな社会問題として騒がれる「ニート」の問題。
そんな中、「ニート」全員が取締役になれる株式会社が11月に創業します。

そこで今回は、枠を外れつつも、ユニークで斬新すぎる日本企業、4社を紹介します。

ニート170人超「全員が取締役」今月会社を設立へより)

ニートだけで創業?!全員が取締役になれる「NEET株式会社」

発起人は人材組織コンサルタントで、慶応大学SFC研究所の所員も務める若新雄純さん。
インターネットを通じてメンバーを募集し、当初集まったのは500人。
そこから紆余曲折を得て残ったニート170人が、11月に登記を行う。

気になる事業内容は、ほとんど明かされていない。
集まったメンバーでディスカッション、ワークショップを行い、
独自のプロジェクトを進めていく予定となっている。

謎が多く未知数な会社ではありますが、
名前以上にユニークなアイデアやビジネスモデルに期待したいですね。

元祖日本のユニーク企業。面白法人カヤック

「つくる人を増やす」を経営理念に掲げ、
これまで多くの斬新な社内制度やプロジェクトを行ってきた企業。
カヤックで有名な社内制度やプロジェクトをいくつか紹介します。

・振ったサイコロの目で給与が決まる「サイコロ給」
・1年に2〜3ヶ月、海外にオフィス兼住居を借りて仕事する「旅する支社」
・社員の似顔絵を漫画風に描く「漫画名刺」
・オリジナルバスで日本縦断をしながら採用活動を行う「旅する会社説明会」

こんな感じで、社内制度もプロジェクトも規格外なものばかり。
一見「大丈夫?」と思ってしまいそうな企業ではあるが、
本業は今年で創業15年を迎えるWeb制作会社。
斬新な企画は相変わらずなので、
他の企業に負けないぐらいユニークなアイデアを出し続けてほしいものです。

自社サイトをブログ化??ユニークな記事で一躍有名になったWeb制作会社LIG

最近勢いのあるユニークな企業と言えば株式会社LIGですね。
タメになる真面目な記事から、遊び心満載な社員紹介まで、
毎日様々な記事が更新されています。

なんと10月のPV数は170万PVを越えたとのこと。
こちらの企業も本業はWeb制作ではありますが、
記事を読むだけでも十分に楽しませてくれます。
ぜひ一日一度はLIGのWebサイトをチェックしてみて下さい。

突っ込みどころ満載。斬新すぎるモノ作りをする株式会社バーグハンバーグバーグ

こちらは、様々な企業から仕事を受注し、商品の企画制作を行う会社です。
この会社は、なんといっても企画のアイデアが無茶苦茶で、思わず突っ込みを入れたくなる。

・日本人の口に合せて作った、「インド人完全無視カレー」
・ホンダとの共同企画で、キャッチコピー募集の景品に「車のバンパーだけをプレゼント」

などなど、この会社の企画はやり過ぎじゃないかと思わせるようなものばかり。
しかし、企業からの依頼は多く、取引先には名のある有名企業がずらり。
ここまでやって、仕事が成り立つと少し悔しくもなります。

全ての企業がこんな風にとは行きませんが、
思わず笑ってしまうような企画を行うこれらの企業には、
もっと、もっと社会に笑いと幸せを届けてもらいたいですね。