新歓やる前にちょっと待って!開催側が気を付けておきたいポイント3選

ZDi88VsbUFErG666LnXkVdOuO0E
こんにちは!
ススメライターの依田(https://www.facebook.com/yurika.yods?fref=ts)です。

もうすぐ新歓の時期がやってきます。
みなさんの団体は新歓の準備は完璧ですか?

新入生と初めて会える場であるのが新歓。
ここでは新入生が団体のイメージをつかむ場です。
せっかく出会えた新入生、できるだけ多くの学生に入会してほしいですよね。

今回はそんな大切な新歓で絶対気を付けたいことをまとめてみました。

新入生がいるのに「飲み会」はタブー

よくある新歓で、新入生がいるのに「飲み会」を開く団体があります。
「飲みたい人が飲めばいい」とうわべではいいますが、新入生はそんな新歓を恐れています。
第一、未成年がいるのに飲み会を開くのは当たり前ですがご法度です。
私自身も当時飲み会を開いている新歓を恐れ、避けていた記憶があります。

親交を深めるためにはお酒の力はいりません。
健全な新歓を開催しましょう。

連絡先は「しっかり」と聞く

学生団体とは基本的に真面目な活動をしている場所です。
サークルとは区別化したいですよね。
そのためには連絡先はきちんと集めたいものです。

サークルでよくあるのはチャラそうな先輩たちがLINEだけ聞いて終わり…というパターン。
「しっかりとした団体である」ということを証明するためにも

・申し込みフォームをサイトで作る
・新歓で来た学生にアンケートを書かせる

など工夫をしながら最低限LINE、アドレス、電話番号は聞いておきたいものです。

お金がかかる団体だと思わせない工夫を

私は新歓に行く際に、先輩から無料で新歓をやっているところには気を付けろと言われました。
というのもバーベキューや食事が無料で食べられるところは、要するにその新入生の分を先輩たちが支払っているということになるからです。

新入生の中にはそれを恐れている人もいます。
多くの学生に集まってもらいたい気持ちは非常に分かります。
でも、お金を使ってまで集める必要はあるのでしょうか?

それよりも学生団体合同新歓に参加したり、大学ごとに説明会を開いたり、できるだけお金のかからない方法で集めるべきです。
中には無料で食事ができるのを目的とした新入生が多いことも忘れないで下さい。
そんなメンバーは団体に欲しい人材ですか?
できれば団体の理念や活動に心から共感してくれる学生が欲しいですよね。

以上、新歓時に気を付けたいポイントでした!
みなさんの新歓が成功することを心から願っています。

ABOUTこの記事をかいた人

依田有里佳

東京女子大学 現代教養学部 国際社会学科 国際関係専攻3年 アジア、特に中国、台湾が大好き!台湾に5年滞在した経験があります。 大学では中国、台湾について研究。2015年9月より上海へ留学。 夢は、「伝える力で明るい東アジア」を作ること! 趣味は海外ドラマ、アニメ観賞。 facebook→https://www.facebook.com/yurika.yods