国民投票は「18歳」以上で確定の方向へ。成人年齢も変わる可能性あり?

憲法改正手続きに必要な国民投票法を改正し、投票年齢を18歳以上で確定させる方向で調整に入った。同法は第1次安倍内閣時代の2007年5月に成立したが、国民投票ができる年齢などが未確定のままで、憲法改正が発議されても国民投票が実施できないとの懸念が出ていた。
(中略)
宿題の一つが、成人年齢との関係だ。同法は国民投票の年齢を18歳以上と定めている。一方、付則は施行までに公選法や民法を改正し、選挙権や成人年齢を18歳以上にすることが実現しなければ20歳以上と規定しているが、宿題が片付かないまま施行されたため、投票年齢が定まっていない。このため法改正で付則を改め、公選法などの改正が実現しなくても投票年齢を18歳以上にする。
「<国民投票>「18歳」確定へ自民検討 改憲案に先立ち」(Yanooニュース)

国民投票ができる年齢は未確定だったんですね、、。

話は少し変わりますが、この国民投票の年齢に伴い、成人年齢の引き下げの話も進みそうですね。

高校を卒業して社会人になっているのであれば十分に成人と言えるケースは多いでしょうし、
大学生だとしても20歳というのが1つの区切りになっているか、というとそうでもありません。

今では、お酒、タバコなども20歳になってから、となっていますが、
そういった点が変わるのは学生にとっては嬉しいことかもしれません。

ただ、成人になるということは、責任も多くなるということです。

選挙権を持つことで政治や社会に参加することが求められますし、
国民年金などの加入ももしかしたら18歳からになるかもしれません。

未成年ということで許されていたことは今後許されなくなるので、
なにかあったときには、自分で責任をとるということになります。

「大学生」という立場ですと、高卒で働く人に比べると、
未成年のときと変わらない場合も多いので、そういった点を変えるキッカケにもなり、
若者の自立を促進させるためにも成人年齢引き下げは良い施策かもしれませんね。