半年間の学生団体ススメインターンで気づいた「実力不足」であるという事実

PAK66_tokainobiru20130525500

こんにちは
学生団体へのススメスタッフのオオサワです。
今回の記事は「半年間の学生団体ススメインターンできづいた「実力不足」であるという事実」

実は私は、今回の記事で学生団体へのススメスタッフを引退します。

約半年の間で多くの記事を書き、多くの経験を積んできた中で感じた、
せきらら(笑)な経験を綴っていこうと思います。

半年で得たものはとても多く、ライターとして活動をしていく中で企業の方と関わる機会や、
大学生活2年間の中でも最も濃い経験をさせて頂きました。

また、多くの経験を積むことのできた半年で、
ぼくは自分の実力不足を痛感しました。

認めたくなかった、自分の実力の丈

僕は大学1年生の春、教師を目指して立教大学文学部史学科に入学しました。
勉強をすることだけを考えて入学した僕は大学の講義のつまらなさに唖然とし、
1ヶ月で大学の講義に飽きました。

そんな時にSTUDY FOR TWOという団体に出会い、様々な経験をさせて頂きました。
中でも企業の方と関わる機会はとても楽しく、
自然と起業や独立という道に興味が出てきました。

2年生になり、興味のあった長期インターンをビジネスバンクさんの紹介で始めました。
生まれて初めて本気の営業、社会経験をしました。

ですが、初めての社会経験の半年間で、僕は明確な成果を生むことはできませんでした。
ぼくは「実力不足」だったのです。

ですがその時には、自分の実力不足を認めたくはありませんでした。
なんやかんや言い訳をして、自分の実力不足という点以外に原因を求めていたんです。

僕に欠けていた、実直さと丁寧さ。

実力不足を認めていない、気づいていない自分は、
いけちゃん(学生団体へのススメ運営者)に、ライターのお話を頂いた時も、
自分にはできるという自信をもって始めました。

ですが、その経験の中で、自分の実力不足と対峙していくことになります。

ライターという仕事は、基本的に記事の期限に追われます。
もちろん余裕をもって記事を作成すれば休みができることも多いのですが、
僕は、「一夜漬け」ばかりしていました。

期限当日、期限の時刻ギリギリになって記事作成を開始し、
ギリギリに完成、提出をするというサイクルです。

ビジネスをしたい学生にとっての本当の「実力」は、

期限を守ることはもちろん、取引先や仕事をもらっている方に迷惑をかけないこと、
丁寧な仕事をして、その上で成果を出すこと、それが本当に認められる「実力」です。

ですが、勢いと虚勢で突っ走ってきた僕には、その丁寧さ、実直さがかなり欠けていました。

得られなかった「自己管理能力」

ですが、そんなギリギリのサイクルは長く続くことはありません。

大学やSTUDY FOR TWOで何か用事があれば時間は押します。

ギリギリで仕事をしている自分にとって時間が押すということは、
期限を守れないということを意味しています。

期限が過ぎる回数が増えるに連れて、嫌でも自分の実力不足を痛感することになりました。

まして、僕の上司はフリーランスとして活動をして、
かなり高いレベルで自己管理をしているいけちゃん。

期限の管理ができないという、初歩的な「意識高い系(笑)」な実力に、
だんだんと気づいていっていたんだと思います。
期限管理に関する指摘は多くなり、僕も強く意識するようになりました。

ライターをやって数ヶ月、僕は自分の実力不足に気付かされたのです。

しかし、一夜漬けの癖、ぎりぎり癖は治るのに時間がかかると感じました。
待ってもらうのも忍びないですし、
何よりもプレッシャーのかかる中で自発的に一夜漬け癖を治すのは無理だと感じました。

僕は、学生団体へのススメで、自己管理能力の低さに気づき、
そしてその能力を得ることはできませんでした。

得られなかった実力をつける学生生活に。

インターンをしていたときの実力不足は、自己管理能力だけではなかったと思います。
学生団体へのススメで不足していたものももちろんそうです。

むしろ、実直さと丁寧さなのではないかと思います。

派手な活動をしている学生よりも、
地道に、コツコツと実力を高めている学生、
インターンや開発、研究の努力をする学生の方が、
そういった点では優れているということが多いと感じています。

この1年間、僕はそっち側に寄りたいと思っています。
学生団体へのススメに関わる、いけちゃん、外山も、
実直さという点でもかなり能力が高い二人です。

僕はひとまず派手さを追いかけることをやめて、二人に近づく、行動派に、
本当に実力があるという自信を持っていきたいと思っています。

反省になってしまいましたが、読んで頂いてありがとうございました。
幸い、学生団体へのススメで書いた記事を読んでくれたという声を頂くこともあり、
嬉しく思っています。

自分で書いた記事を、自分でも参考にして成長に繋げられたらと思います!
ありがとうございました。

最後に今まで書いた記事の紹介です。

学生として成長したい。学生という枠に縛られずに成長したいと感じていた僕が、
フリーランスとして活躍するいけちゃんから学べる点を考察してみました。
「年収1000万円フリーランスの先輩と年収100万僕との5つの差。仕事ができると言われたい。」

学生団体へのススメ、インターン、STUDY FOR TWO、大学、色々な用事が重なり、
何をしたらいいのかわからない、パニック、躁鬱状態になってしまった僕が必死に考えた、
キャパオーバーで身動きが取れなくなったときの対処法です。
「学生団体の代表にある器が、僕にはまだないと悟った瞬間。キャパオーバーの処方箋」

課題や仕事、活動における作業時間に集中するための方法。
派手な内容ではありませんが、実直に行動したい人にはおすすめです。
「マルチタスクはやめてシンプルにひとつの仕事をしよう。」

同じような悩みを感じた方にはぜひ読んで頂きたい記事になっています。
悩んでいる際の解消に繋がれば幸いだと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

OSAWA

ウェブ好き。マーケティング好きのオオサワと申します。現在いけちゃんの元で修行中。他にはSTUDY FOR TWOでもブログ書いたり、ECシステムの会社でインターンなどやっております。大学2年の視点で、就活について書いていきます。