「実績を作りたい学生へ。半年前に比べてどれだけ成長したのかってところが大事。」|オオサワの連載

スタッフオオサワの連載第2回です。。

この連載では、オオサワが学生団体へのススメのライターとして感じたことを
遠慮せずに書いていきます。

今週のテーマは、「実績を作りたい学生へ。半年前に比べてどれだけ成長したのかってところが大事。」

半年前に比べてどれだけ成長したのかってところが大事。

こないだ、とある大学2年生の、佐藤祐というおデブちゃんと話していて、

1位になることよりも、半年前の自分よりどれだけ成長出来たかが大事。
という話をした。

1位ってなんの基準かわからないし、そんなこと考えてる暇あったら行動してくれ、
って内容の話。

たしかに、そういう人って行動できてない人やら、実績のない人が多い気がするし、
1位になることよりも
半年前の自分よりもこれくらい向上している、半年後にはこれだけ向上していよう。
というマインドの方が大切なのでは無いかと思う。

成果を生んでいる人は「スキル」を持っている

具体的に成果を生めるひとは、
具体的に「スキル」を持っていると思います。

ここでいう「スキル」は、
「プログラミング」「カメラ」「ライティング」などのスキルスキルした能力もスキルだし、
「営業力」「マネジメント力」「リーダーシップ」など少し見えにくい能力もスキル。

例えば学生団体で、

協賛とかで成果を生んだひとは、
「営業力」というスキルを持っているだろうし、
イベントを大成功させた人は
「リーダーシップ」「企画力」「集客力」とかなんらかのスキルをもっているんだろうと思います。

実績が作れなくて悩んでいる人へ

そんな「スキル」がほしい、成果を上げたいと思う人は、

半年後どうなっていたいのかを考えてみてほしいと思います。

営業力がほしいのであれば半年間のインターンをすればいいし、
ライティングスキルがほしいのであればブログを始めてどっかに寄稿でもしてみたらいい。
プログラミングができるようになりたいなら半年間こもって独学で学べばいい。

半年後の自分の姿から逆算すると具体的な行動につながり、
具体的な行動からは「スキル」が得られる。
「スキル」が成果を生み、その成果は実績になります。

どうも意識は高いんだけど成長できない。想いは強いんだけど、実績が無い。
行動力がないのが悩みなんだけど、何からアクションを起こせばいいかわからない。

そんな人はまず半年後の自分から、考えてみて下さい。

10年後なんてわからないけど、半年後くらいなら想像できますよね?
実績を残すべく、半年間のスケジュールを詰めちゃいましょう!

▼今日のまとめ

・1位になることよりも、半年前の自分よりどれだけ成長出来たかが大事。
・具体的に成果を生めるひとは、具体的な「スキル」を持っている
・半年後の自分のなりたい姿を想像したら、今すべき行動がわかる。

行動からはスキルを得、スキルからは成果を生め、
半年後の自分に変化、進化をもたらします。

ABOUTこの記事をかいた人

OSAWA

ウェブ好き。マーケティング好きのオオサワと申します。現在いけちゃんの元で修行中。他にはSTUDY FOR TWOでもブログ書いたり、ECシステムの会社でインターンなどやっております。大学2年の視点で、就活について書いていきます。