6ヶ月間のインターンで感じた、バイトでは得られない5つの経験

こんにちは。オオサワです。
今回のテーマは
「6ヶ月間のインターンで感じた、バイトでは得られない5つの経験。」

最近6ヶ月やっていた営業インターンをやめまして、そこで感じたことを書けたらと思っていた時に、
「インターンするくらいなら、マックで4年間バイトしろ!」
という記事がヒットしているじゃないですか。

「インターンよりアルバイトの方が価値があるなんて、ちょっと信じたくない」

と思ったので、インターンではないと得られない経験を自分なりに紹介したいと思います。
*ちなみに接客業のアルバイトも2年間くらい経験あります。

働く業界に詳しくなる

当たり前のことなんですが、働く業界に詳しくなることができました。

僕はネットショップを運営している人たちに、業務効率化のシステムを販売する仕事をしていたので、
ネットショップ周りの、IT、家電、流通などに詳しくなりました。

そしてIT関連の会社の知識が増えたことで、
今まで漠然としたイメージで憧れを持っていた、「IT業界」に具体的なイメージがわきました。

業界全体の理解ができたので、
僕は就職先選びを100%失敗しないですし、インターン先の選び方の失敗もしないと思います。
これはIT業界で働かないと得られないと思います。

企業を知る、調べる力が上がる

企業を知る、調べる能力も上がりました。

営業の電話をかけることや、営業の同行などが中心でしたが、
社内では営業のための企業リストを作成することもありました。

企業リストを作成する際に、企業のHPを延々と見続けます。
いろいろな企業のHPを1日に何百と見ているうちに、自然と色々な企業を知り、
HPの読み方を知りました。

結果として、企業の好き嫌いを判断する基準が自分の中で生まれました。
合う合わない、やりたい事業はあるのかどうか、などを深く調べられるようになりました。

自分のやりたいことを見つけるヒントになる

そして、
・「IT業界」に詳しくなり、仕事を知ったこと
・企業について知る方法を知ったこと

によって、大きく変わったのは、

自分が本当にやりたいこと、やってみたいことはなにか。が何かわかってきました。

インターン生を雇う側からしたらどれほど重要な問題かはわかりませんが、
少なくともインターンをする学生の目線では、
やってみたいことのイメージが湧くことはとても重要だと思います。

やってみたいことに対して挑戦するときに、
モチベーションの上がらない人、なぜやりたいのか理由がわからない人はいませんよね?

やりたいことが明確で、意欲のある学生は、
インターン生としても、新入社員としても活躍できる存在になれるのではないでしょうか。

お金をもらうことの責任感を感じる

お金をもらう機会というのは、今までアルバイトかお小遣いでした。

お小遣いに責任はありませんし、
アルバイトは自分が働く「時間」に対してお金をもらっています。
ですが、インターンは少し感覚が違いました。

営業をやるということは、案件を獲得し、受注したら一件いくら当たりが会社に入り、
そのうちのいくらがお給料になる、ということです。

つまり、時間を切り売りしても、成果を出せなければ、
利益を上げていないマイナスの状態から、給料をもらうことになるのです。

時間を切り売りしてお金をもらうバイトの楽さと、
成果を産まなければお金をもらっていいのか、感じてしまうインターン。
お金をもらう感覚の違いという点で、かなりの影響を受けました。

生活をしていく中での視点が変わった。

正直自分の中ではここが一番大きいです。

日常の大学生活に、インターンをしたことで、社会人的な視点が加わったのです。
たとえば、ニュースを一つとっても、新聞を読んでも、ネットを見ていても、
今まで他人毎だった企業の話が、自分毎に変わりました。

先ほども言いましたが、楽天を応援したくなったり、
ソフトバンクとDeNAが野球界にいることにより関心を示したり、
テレビCMにでている企業が取引先がどうか、このキャンペーンの仕組みはどうなってるんだ、
などなど、あげたらきりは無いです。

生活に「社会」が組み込まれたことで、視点が高くなり、視野が広がりました。

残りの大学2,3年間を過ごしていく中で、
他の大学生には得られない、より多くの情報を得られる視野を手に入れたのではないかと思います。

インターンとアルバイト、どちらがいいのか?

ここまで書いて、なんですが、
インターンとアルバイトではどちらの方が自分にとっていいのか、を考えた場合、
どちらがいい、といい切ることはできないと思います。

それは、その人のモチベーション次第であり、その人の状況次第でもあると思うんです。

インターンがやりたい人はインターンをやって、
アルバイトがやりたい人はアルバイトをやればいいんじゃないでしょうか?

自分が活かせて、より楽しく成長できる方を選びましょう。

コミュニケーションが学びたかったらマックでバイトをしたらいいし、
紹介したように、知識や経験、視点を広げたいと思うならインターンをしたらいいんじゃないかと思います。

インターンやろうか悩んでいる学生の方は、ぜひ参考にしてくれたらと思います!
また、僕にでも答えられることなら質問などしてくれたら嬉しいです!

ABOUTこの記事をかいた人

OSAWA

ウェブ好き。マーケティング好きのオオサワと申します。現在いけちゃんの元で修行中。他にはSTUDY FOR TWOでもブログ書いたり、ECシステムの会社でインターンなどやっております。大学2年の視点で、就活について書いていきます。