関西のベンチャーと学生をつなぐ「Pitch Battle」開催。地方の人材マッチングの未来とは

新卒採用求人サイトの運営を行う株式会社i-plugは、2013年5月22日に関西のベンチャー企業や中小企業と学生とが出会える機会としてマッチングイベント「Pitch Battle in Osaka」を開催します。「魅力的なベンチャー企業や中小企業を探すのが難しい」という学生の声と、「発信力のある優秀な人材と出会いたい」という企業側の声をもとに当イベントの開催を決定しました。参加企業は、株式会社エイブルワーク、株式会社夢ふぉと、株式会社パズル、など合計8社の企業の参加が決定しています。学生の参加受付は5月14日中となっており、既に定員の20名近い応募をいただいています。「関西のベンチャーと学生をつなぐ「Pitch Battle」を開催」(財経新聞)

都内では比較的こういった逆求人に近い就活イベントが増えてきましたが、
こういった学生が自己アピールする機会を地方でも起きていることは面白いですね。

特に、地方の就活情報は少なく、
「地方で働きたくても働く場所がない」という学生の声がありつつも、
「新卒採用したいのに学生が全く来ない」という地方企業の声もあります。

こういったミスマッチをなくすためにも、地方でこういったイベントが開催されることは、
今後の就職活動を変える1つの要因になるのではないかと思います。

最近では「地方就活生、海外就活生支援プロジェクト Skype就活.com」などもあり、
場所にとらわれずに就活することができるようになってきています。

就活生がそういった機会を上手く活用としている場面が多いので、
今後は地方企業がどれだけ学生に魅力を伝えることができるか、
より採用に力を入れて動くことができるか、が課題になってくるのではないでしょうか。