進路が決まっていない大学4年生必見。キャリア相談でこれからの進路を考えよう!

大学の前期も終わり、大学4年生は学生生活残り僅かですね。

内定をもらって残りの学生生活はやりたいことをやっている学生いれば、
公務員試験などこれから進路が決まる学生もいるかと思います。

また、納得いくまで就職活動をしている学生もいるはずです。

今回は、就職活動を続けている大学4年生に向けて、メッセージとアドバイスを送りたいと思います。

就職先が決まっていなくて不安

・まだ企業から内定を1つももらっていない
・内定はあるけど就職すべきか悩み、他の企業を検討している

など、社会人になってからの進路が決まっていなくて、不安を感じている学生もいると思います。

まず伝えておきたいこととしては、劣等感を持たないことです。

たしかに優秀な学生は早い時期に内定をもらっていることが多いですが、
内定がないから優秀ではない、という意味にはなりえませんし、
大事なことは、社会人になってから一番満足できる生き方をできることです。

とはいえ、内定がないということには幾つかの理由があります。
内定がない理由を大きく3つに分けてみたので、自分がどれに当てはまるか考えてみてください。

1.受けている企業やチェックしている業界が少ない

自分がやりたいことが明確にあり、エントリー数が少ないことは決して悪いことではありません。
実際に数社しかエントリーせずに内定をもらっている学生も多くいますし、
それだけやりたいことが明確なほうが企業からの反応もいいです。

ですが、エントリー数が少ないため内定が取れる確率は低くなってしまうことは事実です。
たくさんの企業を受けろ、というわけではありませんが、現状で上手くいっていないとしたら、
視野を広げてみて、エントリー数や業界を増やすことは悪くないと思います。

2.やりたいことと企業がマッチしていない

どんなにスキルが高くて、やりたいことが明確にあったとしても、
企業との相性が合わなければ、もちろん採用されることはありません。

どんなに優秀なプログラマーでもPCを使う環境でなければ活躍できませんよね。

自分では相性がいいと思ったとしても、果たして本当にそうでしょうか。
学生が知ることができる企業の情報は少なく、
業務内容はもちろん、企業風土をしっかりと理解することは難しいです。

3.面接やアピールが苦手

人前で話すことが苦手であったり、ESを書くのが上手くない学生もいると思います。
特に、数十分のグループ面接であれば、面接力次第でどうにかなってしまうこともあります。
面接対策をしっかりと行い、苦手を克服するのも1つの手段ですが、
一朝一夕で伸びるスキルではありませんし、別の手段を考えるのもいいと思います。

たとえば、スカウトや紹介であれば、時間をかけて判断してくれますし、
1対1で話すことで、相手にしっかりと自分のことを理解してもらえるはずです。

4.学歴やスキル不足

書類選考での学歴フィルターは存在しますし、
求めるスキルを満たしていない場合にはもちろん落とされるでしょう。

はっきり言って、今すぐ克服することはできません。
学歴は今まで頑張って勉強してきたことの証の1つですし、学歴を評価基準に入れることは当然です。
(もちろん学歴だけで判断することには反対です)

ただ、学歴やスキルで落とさない企業のほうが断然多いです。
もし自分に学歴やスキルがないから内定がないと思っている学生がいたとしたら、それは間違いです。

自分自身を見つめ直して、別の理由を考えてみてください。

キャリア相談で自分に最適な企業を見つけよう

ただ上のようなことを既に考えたり、実施している学生もいると思います。
それでも納得いく形にならないときには、キャリア相談をしてみるのがいいです。

キャリア相談がなぜおすすめなのか、理由は大きく3つになります。

1.社会人/人事の視点でアドバイスがもらえる

友人や先輩からのアドバイスは自分の経験からでしか話すことができません。
人事の考えとは大きく間違えていることも大いにありますし、
就活相談をするとしたら、社会人や人事のかたの話を聞くことをおすすめします。

※参考記事「内定者は就活生の就活相談にのらなくていい。」

2.今までとは違った考え方ができる

具体的に、自分自身がやりたいことをどういった形で実現すればいいのか、
今までとは違った考え方や進路を提示してもらえます。

「モノづくりや企画をやりたいから、メーカーがいい」
「海外に関わりたいから、商社で働きたい」

と考えていませんか?

もちろんその考え方は間違いではありませんが、
企画はメーカー以外でもできますし、商社以外でも海外には関わることができます。

あなたがやりたいことをするうえで一番あった選択肢を一緒に考えてもらえて、
今までとは違った考え方で進路を考えることができる点がキャリア相談の良さの1つです。

3.内定がとれない原因が分かる

上で挙げたような内定がとれない原因がどれにあたるのか、客観的な視点から判断して、
そのために必要な解決策を教えてもらうことができます。

そもそも受けている企業と難易度が高いのか、やりたいことと企業のマッチングが悪いのか、
その原因とともに、おすすめの業界や企業であったり、
やりたいことを一番実現することができる手段を知ることができます。

キャリアコンサルタントの紹介

株式会社レゾナンス代表取締役 前田恵一

resonance

2005年 IBMビジネスコンサルティングサービス(現日本IBM)入社。
新卒研修の設計、開発及びコーチングに従事。
2008年 野村證券株式会社へと転職。
エクイティセールストレーダー(ヴァイスプレジデント)として勤務。
2011年5月 レゾナンスを創業。翌6月代表取締役就任。

今回紹介するキャリアコンサルタントは、
年間に300人以上の学生のキャリア相談にのっている株式会社レゾナンス代表取締役社長の前田さん。

キャリアコンサルタントは他にも多くいますが、
そのなかでも前田さんをお勧めする理由は以下のような魅力があるからです。

1.業界知識や企業情報が豊富
野村證券での勤務経験から業界に対する幅広い知識を持っており、
企業情報に関しても勤務内容だけでなく、企業風土や社員の様子も理解しています。
進路に悩んでいる場合には、1つの業界しか知らない人よりも、
幅広い業界を知り、今後の動向まで把握している人のほうが信頼できるはずです。

2.書類審査などを省き直接紹介してもらえる
紹介といった形で、書類審査や余計な面接などもなく選考を進めていくことができます。
いきなり社長と面接して内定がすぐにもらえるケースもあり、
企業との信頼関係があるからこそ、こういった紹介が成り立っているといえるでしょう。

3.上場企業や大手企業との繋がりも多い
紹介先企業としてベンチャー企業だけでなく、上場企業や大手企業もあり、
普通の就職活動では出会えなかった企業と繋がることもできます。
若手のキャリアコンサルタントの場合、
知識が偏っていたり、ベンチャー企業しか紹介先がないこともありますが、
そういったことがなく、自分自身にあった企業が必ず見つかります。

キャリア相談をするためには?

キャリア相談は都内にて1回1時間程度を目安に行っています。
キャリア相談を希望の学生は、以下のフォームからお申込みください。

申込後、担当からメール or お電話にてご連絡いたします。

※注意事項
・14卒の大学4年生(5年生可)を対象としたキャリア相談になります
・相談料は無料になりますが、交通費は自己負担になります