営業担当必見!学生団体に覚えておいてもらいたい8つの常識

rules

学生団体のなかでも営業は少し特別だと思っています。
それは社会と接する機会が格段と多いから。
サークルと学生団体の違いもここが大きいのではないでしょうか?

学生だけで集まって身内でなにかやるだけでなく、
・社会と接点をつくりより大きな活動をしようとする。
・社会的な価値を提供しようとする。

その姿勢がサークルとは一線を画く形となり学生団体となっているのかなと思います。

ただ、その社会に対してあまりに無礼講だと、
「意識が高い学生w」「今どきの学生は、、、」と言われてしまいます。

はっきり言って、しっかりとした想いを持って活動しているのに、営業担当のマナー1つで信頼を失うのはとても勿体無いですし、それが他の学生団体など学生全体のマイナスなイメージとなってしまいます。

だからこそ、これだけは出来ておいてほしい社会の常識をまとめておきました。
協賛営業などしている学生団体はしっかり読んでおいてください。

1.メールの返信は24時間以内にする

どの企業も学生に対して言うのは「レスが遅い」ということです。
企業は週5日で働いているため、週2日程度のMTGで動いている学生団体のスピードに合わせられません。
決定のスピードが遅いのは仕方がないとは思うのですが、返信は絶対にしましょう。

「メール拝見しました」「~日までに結果を報告します」
など、一言入れるだけでも断然違います。
返信しないと読んだかどうか、伝わっているのか分かりません。

2.電話をもっと使う

まずは、電話に出ましょう。
授業があって出れないときもあると思います。その場合は折り返し連絡しましょう。
企業の場合はケータイからではないため、着信履歴をみれば企業からかどうかは分かるはずです。
また、急用であったり大事なことは、電話で伝えましょう。
社会人の場合は急にメールが来ても対応できないこともあります。
メールだけでしっかりと伝わらない場合もあるため、大事なことは電話でしっかり伝えましょう。

また、「電話は苦手」という学生が多いですが、その感覚は捨てましょう。
正確には、あまり知らない人、立場が上の人と話すのが緊張する、ではないでしょうか?

3.協賛内容は絶対に守る

たまに協賛内容は実施できなかったら協賛金が貰えなくなる、と認識してる場合があります。
「協賛」という言葉を学生は使いますが、企業側は「契約」として捉えています。

正確に定義すると、
・企業の好意で利害関係を無視し、無償で協力することを「協賛」
・大小関わらず、なにかしらの取引があった場合は「契約」
かなと思っています。

そういった定義のなかでは、学生団体の多くは「協賛」というより、しっかりと「契約」を取っていると思います。

ただこの契約を守らないことがよくあります。

・300人参加予定と聞いていたイベントが100人しかいない
・イベント集客を頼んだら予定の半分しか集めてくれていない
・twitterで拡散させると言ったものの全然RTされていない

できないのではなく、やっていないケースも多いです。
企業はこの契約を結ぶために、時間を使っています。
「できなかったから協賛金を払わなくていい」では許されません。
かけた労力があるため、企業側は±0ではなく損しているのです。

4.会議やアポに絶対に遅刻しない

「15分前にアポ先に到着」「5分前に訪問」を徹底させましょう。
遅刻しないのはいいのですが、あまり早く着きすぎても対応ができないため、訪問するのは5分前にしておきましょう。

また、会議時間の目安は30分~1時間です。
もちろん内容にもよりますが、そこまで時間は割けれません。
そうなると、事前に準備する必要が出てきますし、話を簡潔にまとめる必要もあり、
遅刻なんて絶対にできないことは明白ですよね。
それでも遅刻しそうなときには、しっかりと電話で連絡を入れておきましょう。

5.しっかりと提案をする

営業に来た学生が活き活きと自分の団体紹介やイベントの話をするのですが、協賛内容や提案になると一気に静かになることがあります。
よくあるのですが、提案がなにもないことがあります。

・自分たちの団体や活動の紹介
・自分たちができること
・ほしい金額
よりも、それを元にして企業に対して、
・なにをしてくれるのか
・それをしたときにどれだけの効果が出るのか
・それをするだけの価値があるのか

ということです。
自己紹介で終わって提案がとても弱いので、提案をしっかり作りましょう。

6.契約書をしっかりと結ぶ

口頭で契約を得たからといっても安心しないように。
また、金銭のやり取りがある場合は、会社のお金を使うことになるため、契約をしっかりと結ばないとお金のやり取りを行えません。

これは企業によって差がありますが、
「見積書」「契約書」「請求書」の3つが準備できていると素晴らしいです。
この詳細はまた別の記事で紹介したいと思います。

7.団体内で協賛内容や企業情報を共有しておく

学生に協賛している企業は比較的学生と接点が多い仕事をしていることがあります。
就活支援や留学支援などをしている人材系の会社がまさにそうですね。
たまにですが、協賛している最中の学生団体から営業がかかってきます(笑。

また、協賛企業と理解しておらず連絡していると思われるケースも多いです。
団体内で協賛内容が共有されていない証拠だと思うので、しっかりと共有を徹底していきましょう。

8.しっかりと報告をする

内容によって様々ではありますが、全て終えたときには報告をしましょう。
その報告に実施した結果をしっかりと載せるといいです。

・フリペであれば配布している様子の写真を送る
・WEBサイトへのバナー設置であればキャプチャとクリック数の計測
・イベント参加であれば参加者の声を共有する

などをしておくと、協賛した結果がある程度伝わるはずです。
協賛内容を実施したらそれっきりで連絡がつかないこともあるため、そういったことがないようにしっかりと報告や定期的な連絡はしましょう。

これがしっかり出来ているとしたら、それだけで信頼されて継続的な協賛も得られると思います。

協賛内容はとても魅力的な場合が多いからこそ、こういった常識を守ることで、しっかりと協賛を得ていきましょう。