【2018卒以降の学生へ】自己分析は就活前に慌ててするものではない

自己分析

こんにちは、ひらっちです!
今回は就職活動でもかなり重要となってくる「自己分析」というものについて、当たり前だけども、ついつい見落としがちなことを整理していきたいと思います。

自己分析は就活の時期にやるものではない

就活生の人もそうでない人も、考えたことはあるでしょうか。
そもそもなぜ自己分析をするのか
ということを。

就職活動における自己分析では
「自分の強みは何か」
「自分はどんな時に喜びを感じるのか」
「仕事を通じて自分はどんな人間になりたいのか」
といったことを考え、自分なりの答えを出すことが求められます。

これは、「自分に向いている仕事」「自分に合った企業」を明確にするために有用であり、必要なことです。
そして、多くの人は、就職活動の直前になって自己分析ツールを使ったり、周りの人に自分の長所短所を聞くなどして自己分析を始めます。

しかし、この自己分析が役立つのは何も就職活動に限ったことではありません
どんな人間になりたいか、どんな人生を送りたいかといった、よりスケールの大きな展望を描くため、
そして皆さんがまさに今過ごしている大学生活をより実りあるものにするためにも活用できるのです。

早い時期の自己分析は一石二鳥

皆さんはサークル、アルバイト、旅、学生団体、ゼミなど様々な活動をしていることでしょう。
そういった経験一つ一つに学びや気付きの機会が沢山あります。

「◯◯が出来なかった時が一番悔しかった」
「自分の◯◯なところを色んな人に褒めてもらえた」
といった、自分を知る手がかりとなる要素が散りばめられているのです。

活動の最中もしくは一区切り付いた段階で活動を振り返り、これらの要素を元に自分がどんな人間かを考えることをおすすめします。
就職活動前になってまとめて振り返るのではなく、その活動、経験ごとに考える時間を持つことに意味があるのです。

なぜならそれによって、自分が結果を出せるフィールドはどこか、何にやりがいを感じるのかを早い段階で明確にすることができ、次に取り組む活動、他の経験をより充実させることにつながるからです。

そして就職活動の時期になれば、すでに自己分析をしてきた分、企業研究やエントリーシートの作成に十分な時間を割くこともできます。

つまり、早い時期から自己分析に取り組むことは、大学生活の様々な活動をより充実させ、就職活動もスムーズに進められるという、まさに一石二鳥であるといえます。

これを面倒くさいと思ってやらないか、先のことを考えてやってみるか。
皆さんが後者を選択することを願っています。

以上、ひらっちでした!

ABOUTこの記事をかいた人

平塚 啓太

立教大学 経営学部 国際経営学科3年 8月からアメリカ・ケンタッキーに留学 趣味は読書、カフェ巡り、史料館巡り、プロレス観戦など。 関心分野は哲学と社会学で、最近は人間関係の作り方に興味があります。 好きな女性のタイプは年上でサバサバした人です。 Twitter→@mad_rampage