新入生歓迎シリーズ:合同新歓に出店するだけじゃダメ!合同新歓で差がつく団体とは?

27517cf056734bc9b4d5f81e0ee065e0_m
こんにちは!ススメライターの依田(https://www.facebook.com/yurika.yods?fref=ts)です。
さて、1月は新入生歓迎シリーズということで、新1年生を確保するにあたって押さえておきたいポイントを紹介しています。
過去の新入生歓迎シリーズはこちらになりますので、合わせて読んでいただければ幸いです。

新入生歓迎シリーズ:あなたの団体のSNS、HPを見直そう!
今動くから一歩差がつく!この3つをやっておかないと新入生は確保できない
新入生歓迎シリーズ:もっと多くの人に団体を知ってもらおう!「学生団体まとめサイト」って?

今回は「合同新歓」についてお話したいと思います!

合同新歓ってなに

合同新歓とは、ひとつの会場に様々な団体が出店をし、団体の説明を行う新歓のことです。
一般的な団体ごとの新歓とことなり、一緒にご飯を食べたりするということはほとんどなく、ブースに来てくれた新入生に対して簡単に団体の説明をするようなイベントになっています。

合同新歓のメリット

新入生側からすれば、一度に多くの学生団体に出会えることができます。
また、通常の新歓だとご飯に行ったり、お花見やバーベキューをしたりと多くの時間を割かざるを得ない場合が多々あります。
サークルや学生団体に入るぞ!と意気込んでいるうちはいいものの、新歓にわざわざ出かけるのが面倒になった記憶のある人もいるのではないでしょうか?
合同新歓であれば得たい情報のみを得ることも可能です。

また学生団体側がらしてももちろんメリットはあり、一度に多くの学生に出会えることができます。
これは、もともとは自分の団体に対して興味を持っていなかった学生にまでアプローチをかけることができるということです。

合同新歓でも目立つ団体の特徴

私も学生団体に所属していたころ合同新歓に2度参加させていただきました。
目立っていた学生団体の特徴としてつ揚げられます。

活気がある

私の団体のメンバーは都合が合わず、私ともう1人の友達だけで合同新歓に参加しました。
しかしどうも活気がなく、実際に来てくれる人も心なしか他の団体に比べて少なかったように感じます。
しかし、人数が多く大きな声で元気とノリよく新入生を呼びこんでいた団体には多くの新入生が集まっていました。

手の込んだ準備をしている

合同新歓にただ「出店」するだけでは意味がありません。
学生の目を引くためには手の込んだ準備が必要なのはいうまでもありません。
狭いたった一つのスペースで自分の団体を魅力を伝えるのは意外と難しいです。
今まで見ていてよかったなあ、と思ったのは
・今までの活動をパネルにしてブースに大きく飾る
・活動記録アルバムを作り、新入生に自由に見てもらえるようにする
・フライヤーを置いておく
・くじ引きがある(あたりが出ると、支援先でもらったお茶を配布していました)

です。

以上、合同新歓についてご紹介いたしました!

ABOUTこの記事をかいた人

依田有里佳

東京女子大学 現代教養学部 国際社会学科 国際関係専攻3年 アジア、特に中国、台湾が大好き!台湾に5年滞在した経験があります。 大学では中国、台湾について研究。2015年9月より上海へ留学。 夢は、「伝える力で明るい東アジア」を作ること! 趣味は海外ドラマ、アニメ観賞。 facebook→https://www.facebook.com/yurika.yods