「勉強したいと願うすべての子どもたちが勉強できる世界に」 STUDY FOR TWOがバングラデシュでの学校建設を目指す!

evenbbt1
ライターの柳田(@venice0215)です。

ー「勉強したいと願うすべての子どもたちが勉強できる世界に」
この理念のもと日本全国の大学で活動するSTUDY FOR TWOがバングラデシュでの学校建設に向けて動き出します!

STUDY FOR TWOとは?
勉強したいと願うすべての子どもたちが勉強できる世界を実現するために、 大学生から使い終えた教科書を回収し、その教科書を安価に再販売しています。 そして、そこで得た収益をつかい途上国の子どもたちへの教育支援を実施している活動です。
(HPより)

overall_image
2015年4月の段階で支援人数はなんと1,000人を突破。
そしてこれまでに回収できた中古教科書はおよそ7万冊
日本における最大規模の学生団体のひとつと言っても過言ではありません。

Room to Readを通じた新しい挑戦へ

そんなSTUDY FOR TWOが今回新たな取り組みへと動き出しました!
その内容は「バングラデシュでの学校建設」

日本に住んでいては到底想像できないような学習環境。
バングラデシュはアジアの最貧国のひとつであり、成人の識字率は世界基準未満の59%。
100人の成人の内、41人が文字を読むことすらできないのです。
Senior University Photographer
(バングラデシュの貧困地域)

その最大の要因が学校の環境です。
40人用の教室で学ぶのは2倍の80人。
その上、インフラも整っておらず教室は薄暗いのが実情です。

このため教育を満足に受けることができず、卒業を待たず退学・脱落してしまう人が多いのです。
これがもたらすのが貧困の連鎖

十分な教育を受けられなかった人は満足に職を得ることができません。
その結果その子どもも同様に充実した教育を受けることができない。
こうして負の連鎖が続いていきます。
この状況で求められているのが、「教育環境の整った学校を建設」です。

200万円獲得に向けたクラウドファンディング

スクリーンショット 2016-02-15 15.34.43
今回、バングラデシュへの学校建設プロジェクトにかかる費用は550万円。
そのうちの350万円はSTUDY FOR TWOの事業から賄われるものの、現在200万円が不足しています。

そこでSTUDY FOR TWOではクラウドファンディング団体Ready Forを通じて200万円の寄付金を募っています。
200万円もの額を集めるのは一筋縄ではいきません。

「勉強したいと願うすべての子どもたちが勉強できる世界に」

この理念に共感された方はぜひReady Forを通じてバングラデシュでの学校建設プロジェクトに協力してみてはいかがでしょうか。
詳細はこちらから!
『STUDY FOR TWOとRoom to Readがバングラデシュに学校を建設!』

ABOUTこの記事をかいた人

柳田哲

やなごん。 将来の夢は日本と中東の架け橋になること。 アラビア語・イスラームについて勉強していて中東をおもに放浪してます。 家系図作成もしていて、先祖を400年辿ることに成功しました。