大学生必見!この夏に読むべき、スキルとマインドを磨く名著5選

読書 こんにちは!ひらっちです。
前回初めて記事をアップしたところ、周囲の友人などから意外と反響があってなんだか嬉しかったです笑
なので二回目となる今回も元気に書いていきたいと思います^^

さて、今回ご紹介するのは、学生団体で活動する皆さんにとって必ずやプラスになるであろう5冊の本になります。
みなさんは普段本って読みますか?

「読みたいけどなかなか読む時間が取れない、、、」
「スキルアップの為に読みたいけど、どんな本を読めばいいかわからない」

こういった人が多いのではないでしょうか。
なので、まとまった時間が取りやすい夏休みに珠玉の5冊をぜひ読んでみましょう。
普段経験するであろう事柄ごとに紹介していくので、「こういうことあるな」と思ったら要チェックです。

①組織、人を動かすには?

学生団体の代表や部署のリーダーなど、組織や人を動かす立場にある人は常に考えていることではないでしょうか?
役職に就いていないメンバーであっても、組織や他のメンバーを巻き込んでいく際に直面することだと思います。
そうした人たちにオススメなのがこの本です。

リーダーシップの旅『リーダーシップの旅』

この本では、「リーダーシップとは何か?」「リーダーシップを身に付けるためにはどういった考え方が必要か」といったことが書かれています。
スキルというよりはマインド面の要素が強いですが、長期的に組織活動を行っていく上で欠かせない考え方が詰まった一冊です。

②議論をスマートにまとめたい!

「ミーティングでなかなか意見が収束しない」
「場に出ている意見をどうまとめたらいいのかわからない」

学生団体で活動している人であれば一度は経験があるのではないでしょうか。
私もかつて所属していた学生団体やゼミで幾度となくこの問題に直面しました。
そんな時に目から鱗が落ちる思いをしたのがこの本を読んだ時でした。

ロジカルディスカッション
『ロジカル・ディスカッション』

議論をうまく収束させる手法や、意見を可視化する技法などがわかりやすく解説されています。
特に巻末に付いているフレームワーク集はあなたのバイブルになることでしょう。

③活動全般で使える考え方を習得したい!

みなさんの中には、思考法を紹介している本を読んだことがある人も多いことでしょう。
そういった本を読めば論理思考が身に付く、物事を多面的に考えられるようになる、と期待してのことだと思います。
しかし振り返ってみた時に、本の内容を日々の活動にどれだけ活かせているでしょうか。
読むだけで満足してしまうか、読んでみて納得感はあったものの自分の活動にどう応用できるのかわからないという人が大半だと思います。
本を読んで終わり、にしてしまわないために必要なのが、思考をどう行動に反映させるかなのです。

外資系コンサルの知的生産術『外資系コンサルの知的生産術』

この本では思考法から意識の持ち方まで幅広く紹介しています。
そして巷の思考法の本とは異なるのが、一つ一つがシンプルかつ実際に行動に移しやすい形で紹介されていることです。
この本に書かれていることを習慣化できれば、かなりデキる人間になれるのではないでしょうか。

④上手い文章ってどうしたら書けるんだろう?

文章を書くのが苦手だという人、意外と多いのではないでしょうか。
私もその一人で、社会人へのメールを打つ時やインターン先で報告書を書く時は何度も書き直しています。笑
そんな私が文章力を上げるために最近読み始めたのがこちらです。

明文術『明文術』

書名がなかなかに迫力がありますよね笑
私もまだ読んでいる途中なのですが、「日本語ってこんなに奥が深いんだな」と思いながら読み進めています。
文章の書き方に関する演習なども盛り込まれているので、本格的に文章力を伸ばしたい人にはうってつけの本だと思います。
私ももっとみなさんに読んでもらえる記事を書けるようになるために頑張りますよ!

⑤きれいな資料を作れたらかっこいい!

タイトルの通りなんですが、企画書にしてもプレゼンのスライドにしても、きれいで見やすい資料を作ってくる人ってかっこいいですよね。
逆に、見る側に配慮しない見づらい資料を作る人ってなんかナンセンスだなと思ってしまいます。
大学の講義レジュメとかまさにその例だと思います。(全ての先生がそうではないですが!)
では、かっこいいと思ってもらえる資料を作るためにはどうしたらいいのか。
この本が教えてくれます。

伝わるデザインの基本『伝わるデザインの基本』

これ一冊で様々なタイプの資料の作り方が学べちゃいます
色の使い方や、人の心理などに関して「へー」と思うような豆知識も書いてあったりと楽しみながら読めると思いますよ!

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。
今気が付きましたが初回記事で留学中心の記事を書いていくと言って、さっそく違うテーマで書いてましたね。
一応留学以外にも、ベンチャー企業での長期インターン、海外インターン、様々な長期プロジェクトへの参加経験などもあるので、その辺りも絡めてこれらからも記事を更新していきたいと思います!
次回の更新も楽しみにしていてくださいね^^

ABOUTこの記事をかいた人

平塚 啓太

立教大学 経営学部 国際経営学科3年 8月からアメリカ・ケンタッキーに留学 趣味は読書、カフェ巡り、史料館巡り、プロレス観戦など。 関心分野は哲学と社会学で、最近は人間関係の作り方に興味があります。 好きな女性のタイプは年上でサバサバした人です。 Twitter→@mad_rampage