「時間がないから仕事ができない」は嘘。仕事ができるようになるための3つのこと

こんにちは。オオサワです。
今回のテーマは
「「時間がないから仕事ができない」は嘘。仕事ができるようになるための3つのこと」

最近インターンをやめたことは
「6ヶ月間のインターンで感じた、バイトでは得られない5つの経験」
で紹介しました。

インターンをやめたことで、週3くらいの時間が空くようになったため、
ブログの更新、STUDY FOR TWOの仕事にも余裕が出てくるのではないかと思っていたんです。

ですが、相変わらず時間の余裕は生まれず、仕事はできないままでした。

時間がないから仕事ができないは嘘

仕事ができない理由は
・時間が足りないこと
・体力が足りないこと
だと思っていました。

ですが、時間が足りているのに、相変わらず仕事は終わりません。
時間が足りているのに、なぜ時間に追われるんでしょうか。

僕にとって考えられる理由は以下の3点でした。
・ひとつの仕事にかける時間の長さ
・集中して取り組むまでの時間の長さ
・期限に余裕があるときの生産性の低さ

その3つの理由を解決できる「生産性を上げるためにできること」を自分なりに考えてみました。

集中できる環境を作り仕事をする

作業をしようと思った時に、何か他のものに意識が向いてしまうことはありませんか?
そんな時には気持ちの切り替えのために、場所を変えます。

作業をするスペースとしてオススメなのは、
「場所探しに困ったときにおすすめ!
 学生団体のMTGや打ち合わせに使えるカフェ、コワーキングスペースまとめ」

で紹介しています!

僕は、色々なチャイが楽しめる、池袋のサクラカフェが好きです。
雑音をシャットダウンするために、音楽を聞きながら作業をすると、結構はかどりますよ。

また、SNSを見ないために、
できるだけパソコンを開かず、ノートで作業をするようにしています。

健康な生活を心がける

なんかパソコンをちまちまいじっている僕が言うのはなんですが、
生産性を上げ、一定の時間内に行える仕事量を増やすためには健康な生活がかかせません。

・睡眠のリズムを一定に保つ
・運動を定期的に行う
・食生活にもバランスを整える

これから半年間はこの3つを中心に意識していこうかと思っています。
その際に役立つのがスマホのアプリ。

最近のアプリは無料から有料のものまで、性能の高いものが多いので、参考になると思います。
睡眠、運動、食生活すべてのジャンルでアプリは多いので、ぜひお気に入りを探してみてください。

集中力のスイッチを入れる

集中ができない人の多くは、気持ちの切り替えができてないことがあります。
作業をするときに、強制的に気持ちを切り替える方法を紹介します。

・ルーティンを作る
・カフェインを摂取する

この2つが、気軽にできて、かつ効果もある切り替えではないでしょうか。
ルーティンとは、日課のこと。
毎日仕事をする前に同じ動作を繰り返すことで、仕事にすっと入ることができるようになります。

また、カフェインには集中力を高める効果もあるため、
眠気覚ましに加えて、仕事をより効率的に進めることにもつながるんです。

僕はこれから半年、これらの3点を特に意識して、仕事ができる人間に変わりたいと思います。
生産性がなくて悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。