「よく考える」ってどこまで…? 学生団体にも、就活にも応用できる「whyを3回繰り返すこと」

e271c274fc94d2ade7b920388b1f9a12_s

こんにちは!
ススメライターの依田です。

「よく考える」
この言葉をよく耳にすると思います。
それでは、よく考えるとはどこまで考えることを指すのでしょうか。

今回、私は1つの提案をします。
「whyを3回繰り返す」ことのススメです。

こんな経験はありませんか?

みなさんはこんな経験はありませんか?
例えば、学生団体のみんなで大きなミッションを掲げたとします。
でも、進めていくうちになぜかぶれてくる。
各々がやりたいことをやり始める。

また、あるミッションを進めている途中に結局自分たちが何をやりたいのか分からなくなってくる。
だからいろんなことに手を出して収集がつかなくなり、結局出来上がるものは中途半端…。

そうなる前に勧めたいのが「whyを3回繰り返す」です。

【学生団体偏】「whyを3回繰り返す」のやり方

やり方は非常に簡単です。
例を挙げます。

例えば、学生団体でこのようなミッションを掲げたとします。
「教育を通して子供にチャンスを与えたい」

もし子供たちにチャンスを与えたいのであれば、教育でなくてもいいはずです。
では、なぜこの学生団体は「教育」が最適だと思ったのでしょうか?

なぜ教育なのか?

教育は大切だから。

なぜ大切だと思うのか?

教育は人の根幹を成すものだから。

なぜそう思うのか?

正しい知識、経験は全て正しい教育から得られるから。

以上、「教育を通して子供にチャンスを与えたい」というミッションを3回深めてみました。
どうでしょうか?
最初のミッションがすごく曖昧に見えてきませんか?
3回考えることによってとても深みのあるミッションへと変わりました。

【就活偏】「whyを3回繰り返す」のやり方

この「whyを3回繰り返す」は就活にも使うことができます。

例えば、「なぜ旅行業界を志望したのですか?」という質問があったとします。
それに対し、以前私は「旅行することは世界平和につながることである」と回答したことがあります。
これだけみれば素っ頓狂な答えです。
しかし、私はこれを自分なりに3回深めてみました。

なぜ旅行することが世界平和につながるのか?

人々が世界を行きかうことで、お互いの文化や歴史に触れることができるから。

なぜそれが世界平和につながるのか?

相手を知らないで、イメージや他人から聞いた話でその国を嫌いだと思う場合は多々ある。
お互いにふれあうことはお互いの理解につながるから。

なぜお互いに触れ合うことがお互いの理解につながるのか?

実際にふれて、感じて、聞かないことには人間の心は本当に突き動かされることはないから。

いかがでしょうか?
素っ頓狂な回答も、ここまで深めればかなり道理の通ったものになります。

最後に

whyを3回繰り返すことは、自分の思考をとことん深めることができます。
自分の中で軸が出来上がり、次の行動に深みが出ます。

ぜひ、色々な場所で応用してみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

依田有里佳

東京女子大学 現代教養学部 国際社会学科 国際関係専攻3年 アジア、特に中国、台湾が大好き!台湾に5年滞在した経験があります。 大学では中国、台湾について研究。2015年9月より上海へ留学。 夢は、「伝える力で明るい東アジア」を作ること! 趣味は海外ドラマ、アニメ観賞。 facebook→https://www.facebook.com/yurika.yods