TOEFL義務付けより日本の英語教育のためにできること

「大学入試にTOEFL義務付け」が提言されたことが話題になっていますね。
すでに大学生になっていれば関係のない話ですが、
日本人の英語力向上やグローバル化を考えたときに、日本の英語教育を変える必要はあるはずです。

ただ、大学入試にTOEFLを義務付けることの難しさや弊害も多くあります。
そもそも全員が英語を学ぶ必要性はあるのでしょうか。

ほとんどの日本人は日本国内で生活しており、学校卒業後は、仕事の場でも日常生活でも英語を必要とせず、英語ができなくても支障がないからだ。こうした人々にいくら英語を教えても、学校を卒業すればすぐに忘れてしまう。逆にいえば、これらの人々の英語力が少々上がっても、グローバルに活躍できる人材が増えるわけではない。

もちろん、英語を道具として使いこなし、世界に飛び出していく人たちは一定数必要だ。そして経済のグローバル化が進み、そうした人材がより多く必要とされているのに不足している、というのが、TOEFL義務付けを提唱された方々の問題意識だろう。つまり問題は、「すべて」の日本人の「平均」的な英語力ではなく、仕事で海外と関わる一部の人たちの人数や能力をいかに向上させるかということだ。
「なぜTOEFL義務付けなどという発想が出てくるのか」(BLOGOS)

ここで語られているように、TOEFLを導入したとしても、
今求められている人材になることは難しく、その必要性もありません。

また、TOEFLは高校生には難しすぎるという意見も多くあります。
「「TOEFL義務化」は再生か?破壊か?」

高校の英語教育など抜本的に直す必要性が出てくることを考えると非現実的な点は多いですよね。

それでは、実際にどんなことが日本の英語教育のためにできるでしょうか。

企業向けの英語教育を強める

実際に英語を使うような状況にならないと学べない人は多いはずです。
また、英語を使う状況がしっかりとあるのであれば学ばなくては、と真剣にもなるでしょう。

ただ社会人で英語を学ぼうと思ったときに、
高い英会話スクールに仕事終わりに通うということは中々厳しい点であると思います。
社会人数年目であれば、時間もお金も余裕はないでしょう。

企業が英語教育を社内に導入する、英語学習を推奨する、などの措置は必要になっていきそうですね。

海外留学を支援する

学生が海外留学に行くためには多額の資金が必要になります。。
ただ、海外で学びたいという需要は確実にありますし、金銭的問題で断念していることも多いはず。
そうならないように、今以上に海外留学を支援する措置であったり、
海外の大学に行くことを推奨するような奨学金が増えるといいですね。

今後は日本にいたとしても英語は少なからず必要になってきます。

大学入試にTOEFLを義務付ける必要性があるかどうか、は判断が難しいですが、
日本人が今のままの英語力では今後の社会で厳しくなってくることは間違いないでしょう。

ぜひこの機会に英語を学ぶことについて考えてみてください。