東京に異文化体験ができるモスクが!?美しさに心奪われる、代々木上原にある東京ジャーミー


イスラームの礼拝堂であるモスク。
日本のイスラーム教徒はまだまだ少数ですが、日本にもいくつかのモスクがあることをご存知ですか?

モスクに足を運んだことのある学生はあまりいないかもしれませんが、日本人にはあまり馴染みのない宗教に触れるという意味でも、その美しさを堪能するという意味でも在学中に一度は行ってみる価値のある場所です。
今回は、その中でも日本最大級であり美しさにも定評のある、東京都代々木上原にある「東京ジャーミー」をご紹介します!
足を運ぶことによって、これまで抱いていたネガティブなイメージが払拭されるくらい美しいのでぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそもモスクとは?

モスク(英語:Mosque)は、イスラム教の礼拝堂のことである。
アラビア語ではマスジド(مَسْجِد‎, masjid, 「ひざまずく場所」の意)といい、マスジドの訛った語で、イスラーム帝国がスペイン地方を占領したときマスジドがスペイン語でメスキータ(mezquita)となり、それが英語ではさらに訛ってモスク(mosque)となった。(中略)
モスクは欧米や日本における呼び名である。しばしばイスラーム寺院と訳されるが、モスクの中には崇拝の対象物はなく、あくまで礼拝を行うための場である。
*出典:wikipedia『モスク』より

上記に引用したように、モスクはイスラームにおける礼拝所です。
しかし単なる礼拝所ではありません。

そもそもイスラームでは、神と人とのあくまで個人契約であり、礼拝も個人で勝手に行って構いません。
ただし教徒としての共同体意識から、金曜日のお昼には個人ではなく周りの人々と集団礼拝をすることになっています。
そのためモスクとは、近隣の教徒が一堂に会するための重要な場所になっています。

都内にあるモスク・東京ジャーミー

実は日本にもモスクはいくつかあります。
日本各地にあるのですが、今回はその中でも特に豪華で美しいモスクである、東京都代々木上原にある「東京ジャーミー」についてご紹介します!

歴史

1917年のロシア革命後、様々な弾圧を受けて迫害されていた中央アジアに住むイスラーム教徒が海外への移住を始めました。
その中のトルコ人に一派が当時日本政府が行っていたビザ発給の制度を頼りにして日本への移住が行われました。

1920年代末期になると、子供たちへの教育を目的に学校建設が日本政府に対して要求し、認可されます。
当時は現在とは別の場所にありましたが、のちに日本企業の協力を受けて代々木上原に移転されます。
現在はトルコ政府の管轄になっています。

美しい内装

なんといっても東京ジャーミーの特徴は内装の美しさ。
繊細なデザインかつ豪華絢爛な建築美を数枚の画像でご紹介します!
c01301_main

8810-Tokyocamii-1320827352-579-640x480

Turkish-Culture-Centre
どうですかこの美しいデザイン!
細部にまでこだわられたイスラーム独特の様式は芸術としても一見の価値があります!

モスクには誰でも入れる!

東京ジャーミーは原則誰でも自由に見学をすることができます。

東京ジャーミィは毎日5回の礼拝の時間に開館されており、トルコ文化センターは日曜祭日を含む毎日朝10:00から夕方18:00まで来訪者に開館されています。 5名以上の団体見学の場合、事前にご連絡下さい。 5名以下の場合、お申し込みの必要はありません。 また見学の前に礼拝場見学に関する注意事項をお読み下さい。

土曜、日曜日14時30分より礼拝の様子をご覧いただける日本語ガイド付きの案内をしております。予約は不要ですのでお気軽にご来館ください。
(東京ジャーミー公式サイトより)

5名以上で見学する場合は公式サイトから事前申し込みが必要なので注意をしましょう。

一点だけ注意したいのが服装です。
宗教施設なので服装には規定があります。
この時期は特に暑いですが、タンクトップやノースリーブ、女性であればスカートなど露出の多い服は避けましょう。
男性の場合も膝上の半ズボンなどは厳禁です。

見学に料金などはかかりませんが、最低限の節度を持って見学させてもらうようにしましょう!

アクセス

スクリーンショット 2015-07-22 10.55.29
小田急線 代々木上原駅から徒歩5分

東京ジャーミー・トルコ文化センター
151-0065 東京都渋谷区大山町1-19
Tel : 03-5790-0760
Fax : 03-5790-7822
info@tokyocamii.org

都内にありますが、中に入るとまるで海外にいるかのように雰囲気が全く外と異なる東京ジャーミー。
異文化体験という意味でも在学中に一度は訪れることをお勧めする場所なのでぜひ一度学生のみなさんは足を運んでみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

柳田哲

やなごん。 将来の夢は日本と中東の架け橋になること。 アラビア語・イスラームについて勉強していて中東をおもに放浪してます。 家系図作成もしていて、先祖を400年辿ることに成功しました。