東京都独自の就職支援策「TOKYO就活スタイル」ってどうなっているんだろう?

4月に以下のような施策が東京都から発表されました。

「TOKYO就活スタイル」プロジェクトチームの立ち上げについて(2013/04/12)

このプロジェクトチームのメンツがとても豪華で、確実に社会に影響を与えるかと思います。
委員構成は以下の通りです。

高橋広敏 一般社団法人人材サービス産業協議会 副理事長
(株式会社インテリジェンス代表取締役兼社長執行役員)
水谷智之 一般社団法人人材サービス産業協議会 理事
(株式会社リクルートキャリア代表取締役社長)
佐藤博樹 東京大学大学院情報学環 教授
原正紀 株式会社クオリティ・オブ・ライフ 代表取締役
(高知大学 客員教授)
夏野剛 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 客員教授
近藤正晃ジェームス TwitterJapan株式会社 代表

「インテリジェンス」「リクルートキャリア」「twitterJapan」と影響力はとても大きそうですね。

そして、その会議がつい先日行われたようです。
「TOKYO就活スタイル」プロジェクトチーム(第1回)の開催について

昨日開催されたばっかりですので、新しい情報は入ってきていないのですが、
”本プロジェクトチームは非公開で行います”と書いてあり、
どういった施策がとられるか、詳細は今後も分からずに進む可能性がありそうですね。

民間とタッグを組んで新たな就職支援モデルを開発

今までの発表から「新たな就職支援モデルをSNSを使ってつくっていく」ことが推測されます。

求人倍率は1倍を超えて仕事がしっかりとあるなか、就職できない人がいて、多くのミスマッチが発生しています。
また、ハローワークに求人が来ているにも関わらず、就職に結びつく割合も低いため、こういった現状を変えていく、ハローワークに変わる新しい仕組みを本当につくっていくのかもしれませんね。

これから新しい動きがありましたら、情報を随時発信していきたいと思います。