デザイナー・クリエイター志望の学生必見!ポートフォリオを基にスカウトがくる新しい就活/採用のカタチ「ViViViT」

vivivit

デザインやアートに興味ある学生におすすめの就職活動サービス「ViViViT」の紹介です。

ポートフォリオからはじまる、新しい就職活動/採用活動

もしデザイナーになるために就活をするとしたら、何をアピールしたいですか?
また、どんな企業に入ってみたいと思いますか?

自分のデザインスキルやクリエイティビティをアピールしたいと思う学生は多いはずです。
また、企業もどういったデザインができるのか、作品を見てみたいという想いがあります。

学生側から考えても、企業の理念や働く環境はもちろん大事ですが、
どういったモノを作っているのか、といった点はとても気になりますよね。

ViViViTではそういった想いを実現し、ビビビっとくる相手を見つけることができます。

学生も採用担当者もお互いにポートフォリオで判断できる

一番大きな特徴としては、
就活生も採用担当者もお互いにポートフォリオで判断できるという点です。

ViViViTのFacebookページでは、認定デザイナーのかたの作品がアップされているのですが、
その作品のクオリティーの高さはさすが・・・!

vivivit1a

デザイナーやクリエイターを採用したい企業であれば、登録して損することはないはずです。

また、登録した学生であれば、企業のポートフォリオも見ることができるため、
どういった作品や仕事をしているのか、一目で分かります。

デザイナー/クリエイターを採用したい有名企業も多数参加!

デザイナーの志望企業ランキングでも上位に入るような企業や上場企業など、
有名な企業もViViViTに登録しています。
普通の就職活動では簡単に繋がることができない企業とやり取りできるのも魅力的。

また、企業名は知らなくてもポートフォリオを見ればすぐに分かるような企業もあるので、
仕事内容や作品で判断したい学生には本当におすすめです!

そして、デザイナーといっても、WEBデザイナーだけでなく、
・プロダクトデザイナー
・空間デザイナー
・グラフィックデザイナー
・建築
など幅広いデザイナーの種類があります。
どういったデザイナーになりたいのか、ということを考える機会にもなるはずです。

就職活動だけでなくインターンやアルバイトでも使える

就職活動としてだけでなく、インターンしたい場合でも使うことができます。
通常の就職活動とは違って、通年採用と同じモデルです。

大学4年生の夏から使い始めて内定をもらうことも可能ですし、
大学1年生から使い始めて、インターン先を探すこともできます。

どうやって使うかはあなた次第。

デザイナー・クリエイター志望の学生はぜひ「ViViViT」を使ってみてください!

関連記事

『美大生が陥りやすい就職活動でやりがちな4つのミスとその解決策』
『デザイナー志望の学生向け!ViViViT×DoodleLand連動企画Gizmobiesデザインコンペ開催!』
『デザイナーを採用したい人事は必見!デザイナー採用のためにできる7つの施策』
『建築、インテリア、映像制作などの採用におすすめのポートフォリオ活用法』
『デザイナー志望の大学生がデザイナーインターンをすることで得られる4つのメリット』
『デザイナーに興味がある学生へ。デザイナー職で内定獲得のためにしておくべき5つの行動』