なんで未だにTwitterを使っていない学生がいるのか謎で仕方ない


ライターの柳田(@venice0215)です。
僕はSNSにとても興味関心があって日頃から色々なSNSを活用しています。
断っておくといわゆるツイ廃などではなく、純粋にSNSの可能性に興味があるだけです(笑)
というのも単純に、SNSには世界を広げる力があるからです。

インターネットの普及が当たり前に感じられる今では、改めて実感するのは難しいかもしれませんが、今まででは考えられなかったことがSNSでは可能になりました。

その中でも最も重視しているのがTwitter
使い方次第では単に貴重な時間を取られる害悪なものに成り果ててしまいますが、上手に活用することで驚くべき力を発揮します。
はっきり言えば、タイトルにもあるようになぜ未だに、特に学生でTwitterを使っていない人がいるのか甚だ疑問です。

そこで今回の記事ではTwitterの魅力を存分にお伝えしようかと思います!

なぜTwitterなのか

SNSと一口に言っても世の中には無数の種類があります。
facebookだってinstagram、snapchatだって多くのユーザーがいます。
その中でもTwitterを取り上げるのには理由があります。

それは、不特定多数に届けられることと、特定の感情の投稿に限定されないことです。

不特定多数に届けられる

Twitterの特徴は、そのオープン性です。
facebookで、一度も会ったことがないような人と大量に友達になっている人はほとんどいないと思います。
たいていの場合、元からの友達や、会ったことをきっかけにfacebook上で友達になった人です。

これに対し、Twitterはオープンな性質を持っているため、見ず知らずの人と接点を持つことが容易です。
したがって、後述するようにメディアとして活用する上ではうってつけなのです。

特定の感情の投稿に限定されない

facebookやinstagramでネガティブな投稿しかなかったらどうですか?
これらのSNSは一つの投稿がTwitterと比べて重点的にチェックされるだけあって、割と華やかな投稿がメインだと思います。

しかしTwitterは同時並行で膨大な情報が流れているので、ポジティブな感情、ネガティブな感情関係なく、ありのままの自分を表現することができます。

Twitterはユーザーにとってのメディア

Twitterはただ独り言をつぶやくだけのツール。
そう思っていませんか?
違います。

Twitterはそれぞれのユーザーにとってのメディアなのです。
そもそもメディアとは、次のような内容のものを指します。

メディアとは、媒体、媒質、伝達手段、中間などの意味を持つ英単語。“medium”の複数形。情報を人々に伝える機関や事業、システムなどをメディアという。
(引用元:「IT用語辞典」

Twitterとは、様々な情報や、自身のこと(これも情報の一種です)を他ユーザーに届けるメディアなのです。
これをうまく活用することでセルフブランディングを図ることが可能になります。
ネットに触れなければ、「自分という存在」は自らが直接触れるコミュニティでしか認知されません。
技術の革新であらゆる情報にアクセスできる時代において、これは大変勿体無いことです。

自分はどのような興味関心分野があって、どのようなスキルがあって、どのようなことに精通しているのかといった、自分の情報を発信する媒体なのです。
すなわちTwitterを使わないことは自分を表現する場を失っているに等しいのです。

新たな世界と繋がれる力

冒頭に記したように、SNSには世界とつながる力があります。
これは国外・国内を問いません。
僕自身、Twitterでかねてより親交があった人と中東に旅行した際に会ったことがあります。
それ以外にも普段からツイートを見ていて、興味深いと思ってた人と会う機会があったり、Twitterを使っていなかったら、会うことがなかったような人との出会いはたくさんあります。

学生団体へのススメでも、書いた記事をTwitterで発信したことによって、記事に興味を持ってくれた人とお会いしたこともあります。
これは、最初の見出しで説明したように、オープンな性質を持つTwitterならではです。

最後に

SNSの魅力を真剣に書くと、どうしてもツイ廃のような印象を持たれるかもしれませんね(笑)
くどいようですが、それは否定します(笑)
ただ、時間をただ割かれるだけのアプリ、独り言を単につぶやくだけのツールといった存在としてみなされ、全く使ったことがない人がいるのは本当に勿体無いなあと思います。

最近では就活に際しても人事の人が応募者のSNSをチェックするということがあるようですが、これを逆手にとることだってできます。
「【ソーシャル就活の基本】SNSを利用して就活を有利に進めるための基礎知識」
セルフブランディングにはもってこいのツールなので、触れたことがない人はぜひ触れてみてはいかがでしょうか。

ABOUTこの記事をかいた人

柳田哲

やなごん。 将来の夢は日本と中東の架け橋になること。 アラビア語・イスラームについて勉強していて中東をおもに放浪してます。 家系図作成もしていて、先祖を400年辿ることに成功しました。